ストーリーバスケットボール

バスケットボール 河村勇輝選手の『教えて!アスリート』

2020-06-19 午前 11:50

皆さんからの質問にアスリートが答える「教えて!アスリート」。
今回はバスケットボール編。


答えてくれたのはことし1月、高校3年生でBリーグ1部でデビューを果たした河村勇輝選手。
日本代表の将来を担うと期待される19歳が成長の秘密も合わせて明かしてくれました。

顔を上げてドリブルしたい

質問を送ってくれたのはプロバスケットボール選手を目指す小学校2年生、守屋陽斗くんです。

 

守屋陽斗くん

ドリブルの時に顔を上げるためにはどんな練習がいいのか教えてください

 

陽斗くんは顔を上げるために、お母さんが指で出した数字を声に出して答えながら、ドリブル練習に励んでいます。

河村選手に、陽斗くんの特訓の様子を見てもらいました。

河村勇輝選手

すごくうまい。小学2年生でここまでできることは自信を持っていいことだと思います。プロもやっている練習で、その練習方法は間違っていないので毎日コツコツやっていくことが大事です。

 

身長1メートル72センチと小柄な河村選手にとって「ドリブル」は生命線です。幼いころからドリブルを磨き上げ、高校時代は高校選手権連覇、さらに最年少のB1リーグデビューにつなげました。

 

B1で史上最年少デビューを果たした河村選手

 

前年リーグ準優勝を果たした千葉ジェッツとの試合ではBリーグ初の年俸1億円プレーヤー、富樫勇樹選手とマッチアップ。河村選手はドリブルで富樫選手を振り切り、シュートを決めるなど両チーム最多得点の21点を記録しました。

 

その河村選手がドリブルを練習するとき意識してほしいポイントを教えてくれました。

 

 

ポイント:ドリブルは強く低く
ドリブルのとき大切なのはボールのスピードを上げること。そうすることで細かい動きが可能になり、相手にボールを奪われにくくなります。そのためドリブルするときはボールを力強くたたきつけることを意識します。またバウンドが高くならないよう意識するのも必要です。

そのために重要なのが姿勢。前傾にならないようにしっかり腰を落とします。
こうすることでドリブルが高くなるのを防ぎます。

 

 

ボールを自在に動かすため指先でボールを扱う意識も高めます。指先だけでボールを左右に受け渡す練習をすると、ボール扱いが上達するそうです。

 

下の写真はダメな例。手のひらにボールがつくとボールのコントロールが難しくなります。

 

 

河村選手が何度も強調していたのが「地道にコツコツ続ける事」。試合で通用するドリブルを身につけるために重要なのは、見せかけのテクニックではなく、1つ1つの動きを「極めていく」ことだといいます。

河村勇輝選手

短期間ではボールの扱い方とかはうまくならないと思うので、本当に長期間地道にやっていくことが成功の秘訣だと思います。自分のドリブルは最低限のテクニックで相手を抜いている部分があります。本当に簡単な誰でもできる技を徹底的に極めることを意識してやってきました。

 

子どものモチベーションを上げるには

 

さらに今回、陽斗くんのお母さんからも質問が届きました。
子どものモチベーションを上げるには、褒めること以外に何が大切か教えてほしいという内容です。

 

 

幼いころ、両親からは決して練習を強制されなかったという河村選手。
子ども自身が「やらなきゃ」と思える一言をかけてあげることが、モチベーションアップにつながると考えています。

 

河村勇輝選手

やりたくないっていう気持ちは誰しもあることで、(その状態で)やることで嫌いになっちゃうのであれば、僕は別に無理してやる必要はないんじゃないかなと思うんです。でもそれを先に言ったあとに「でもライバルたちは今やっているよ」って言うかもしれないですね。(自分が親なら)今はライバルはやっているよの一言で、強制的にはやらせません、絶対に。

 

河村選手自身、練習したくないときはあったそうですが、ライバルたちのことを考えて自分自身を奮い立たせてきたそうです。さらに小学生の頃、お父さんがどんな関わり方をしていたか教えてくれました。

河村勇輝選手

小学4年生のころから毎日シュートは300本以上決めると自分で決めて始めたんですけど、どんなにきついときでも父親から「約束だろ」と、「やろう」という感じで言われました。でも絶対強制的にやれという感じではなかったです。やるバスケとやらされるバスケって成長の仕方が全然違うと思うので。長い目で見たときに、バスケが嫌いにならないようにゆったりと見守ってきたみたいです。

 

小さな努力の積み重ねが今の活躍につながっていると改めて感じるインタビューでした。次はどんなアスリートが質問に答えてくれるのか、お楽しみに。

 

教えて!アスリートの動画はこちらから

関連キーワード

関連トピックス

最新トピックス

RANKING人気のトピックス

アクセス数の多いコンテンツをランキング形式でお届け!