ストーリーパラスポーツ

ボッチャ 杉村金メダル!「ビッタビタ」解説・新井大基さんが語ったすごさ 

2021-09-01 午後 10:27

東京パラリンピック、ボッチャ個人BC2(運動機能)で杉村英孝選手が、日本初の金メダルを獲得!

直後には「ボッチャ」がSNSのトレンド1位!祝福の声と共にネットを沸かせたのが、解説者の新井大基さんが連呼する「ビタビタ」という言葉!新井さんの解説から、杉村選手が強さを見せた決勝を振り返り、大会にかけていた思いにも迫ります。

前回王者を圧倒!

ボッチャは2人がそれぞれ赤と青のボールを投げ、ジャックボールと呼ばれる白いボールにどれだけ近づけられるかを競う競技。日本は前回リオデジャネイロ大会、団体で銀メダルを獲得しました。団体の中心選手でもある杉村選手は、個人では初の決勝進出。相手はタイの国民的スター、ワッチャラポン・ボンサー選手。前回大会で個人と団体、ふたつの金メダルを獲得しています。

 

 

この強敵を相手に、杉村選手は序盤から優勢に試合を進めます。第1エンドに精度の高い投球で2点を先制。その後第2エンド、第3エンド、第4エンドに1点ずつを加え、ボンサー選手に1点も与えずに5対0で勝利。

ボッチャ競技を始めて20年余り。悲願の金メダルを獲得した杉村選手は喜びの涙を浮かべました。

 

杉村選手

この大会を通して、目の前の試合を一戦一戦、戦うことを目指してきました。ボッチャを始めて20年、この素晴らしい舞台に立って金メダルを取れて、自分でもびっくりしていますが、嬉しいです。

解説者も「ビタビタ」連呼!

杉村選手の偉業達成を伝える中継を、わかりやすい解説で盛り上げてくれたのが、日本ボッチャ協会の新井大基さんです。

 

 

今大会、ボッチャの中継がある度にじわじわと話題になっていたのが、投げた球がジャックボールに「ビタっと」ついた時、新井さんが口にする言葉。

 

「ビタビタ」。もしくは「ビッタビタ」。

 

新井さんの「ビタビタ」が数多く出た選手ほど、勝利に近づいている証です。この日の決勝では、杉村選手の投球に、新井さんは「ビタビタ」を連呼します!

第1エンド、杉村選手の1投目。この試合最初の投球で、いきなり…。

 

「ビタビタのコースに来ましたね!」

 

ジャックボールにビタっとつけて、杉村選手が試合を優位に進めていることを伝えると同時に、大事なキーワード「ビタビタ」を印象づけます。

次のエンドでも。

 

 

「いやぁ。すごい!本当にビッタビタです!」

「ビタビタってこういうことですね!」

 

相手のボンサー選手の投球にも。

 

 

「こちらもビタビタに来ています!」

 

さらに第3エンド。杉村選手の2投目を前に、ジャックボールまでのコースが空いていると。

 

「ここはビタチャンです。ビタビタチャンスですよ!」

「(投球を受けて…)杉村選手、ビッタビタに来ました!」

 

 

「ビタチャン」という新たなワードも交えて、杉村選手の投球の正確さを伝えてくれました。新井さんの解説に、ネットも沸騰。「ボッチャ」に加えて「ビッタビタ」がトレンドワードに。杉村選手の金メダルとともに、見ている人にボッチャの魅力を「ビタビタ」に印象付けたのです。

解説者も驚く集中力

もちろん、新井さんは「ビタビタ」だけでなく、杉村選手の試合運びについて、ポイントを押さえて解説してくれました。

新井さんが注目したのは、杉村選手の時間の使い方。ボッチャでは、1エンドごとに6球を投げる制限時間が、4分と決められています。杉村選手は、すべてのエンドでその制限時間をほぼ使い切りました。それが、杉村選手の高い集中力につながっていると、新井さんは見ています。

 

新井さん

杉村選手は握力が弱いので、ボールに対して指の握りがしっくりくるまで投げません。ミスをしないために、しっかり時間を使う。その使い方がうまいですよね。(緊張感で)見ているこちらが、ほぼ息ができないくらいの雰囲気ですが、杉村選手は6球全てミスをしない。それほど集中力を高められているのは、驚きですね。

 

新井さんの言葉の通り、杉村選手はボールを何度も握りなおしたり、投げる前に目をつぶって集中を高めたりと、大事なところでは1投に1分使うこともありました。

「みんなの思いを背負って」

前回リオデジャネイロ大会での団体銀メダルを契機に、日本各地でボッチャの普及イベントが行われ、新井さんは杉村選手とも共に活動。その際に、杉村選手が競技者として、東京大会にかける思いを聞いていました。

 

新井さん

杉村選手は、「みんなの思いを背負ってやりたいんだ。自分がアスリートとして結果を出すことが大事なんだ」と話していました。「リオの銀メダルで終わらせてはいけない。人気を一過性のものにしないためには、僕が結果を出し続けないといけない」と何度も話していたので、まさに有言実行になりましたね。

 

新井さん

今日の杉村選手の「神がかり的」な精度は、まさにみんなの思いがこもっていたのではないでしょうか。杉村選手を応援する人たちの思いが、ボールの最後のひと転がり、その背中を押すような、それだけ神がかった試合でした。

団体でも「ビタビタ」に期待!

 ボッチャ競技は、個人種目を終えて、次はペア、団体の予選が2日から始まります。

前回銀メダルを獲得した団体では、キャプテンの杉村選手、廣瀬隆喜選手、藤井友里子選手、中村拓海選手を加えた4人が出場。4日の決勝で、初の金メダル獲得を目指します。

 

新井さん

個人戦の次は、ボッチャの「花形」の団体戦です。ベテランも若手も、期待の選手が次々出てきますからね。引き続き応援をよろしくお願いします。

 

団体戦でも、新井さんの「ビッタビタ」の解説が見られるか。ぜひ注目してください!

新井さんの解説付き!ボッチャ個人決勝はNHKプラスで9月8日まで配信!

余談ですが…ビタビタの○○が優勝に貢献?

ちなみに、決勝の当日、新井さんがSNS投稿したつぶやきでは。

 

「ボッチャ1万人プロジェクト」ツイッターより

 

髪形も「ビッタビタ」の新井さんが、杉村選手をリラックスさせてくれたことが、金メダルに貢献したのかもしれません。今後の新井さんの解説にも注目です!

 

ボッチャ 東京2020 その他の動画はこちらから

関連キーワード

関連トピックス

最新トピックス

RANKING人気のトピックス

アクセス数の多いコンテンツをランキング形式でお届け!