ストーリーその他のスポーツ

トレンド席巻!自転車ロードレースのすごさ! 東京オリンピック

2021-07-25 午後 03:43

7月24日・土曜日、体操男子や柔道など人気競技が一斉に始まる中、テレビ中継がなかったにもかかわらず、ネット配信で自転車ファンを熱狂させてSNSのトレンドに入った「自転車男子ロードレース」。でも、素人にはそのすごさがよくわからない…?そんな人のために、レースを振り返りながらすごさを解説します!

決着の瞬間がすごい!

さっそくレースの結末を書いてしまって申し訳ないのですが…。とにかくこのレース、メダルの決着がすごかった!

今回のコースは、東京・武蔵野の森公園をスタートし、山梨から静岡に向かってきつい山登りが連続する、合計244キロのレース。レース中に登る高さの合計は4865mと富士山の高さをゆうに超える「超山岳コース」でした。

 

 

繰り返される駆け引きとスパート合戦。真夏の日本の蒸し暑さも加わり、レースは過酷な展開に。

スタートから約6時間。最後の峠を下りきりゴールの富士スピードウェイ敷地内に入ってから、大きくレースが動きました。残り約6kmでカラパス(エクアドル)がスパートして独走。後続に約1分の差をつけてカラパスが逃げ切り、6時間5分26秒でゴール!金メダルを獲得しました。

 

 

追いかける集団8人は、メダルを狙ってラストスパートの機会をうかがいます。そして残り300mを切って、ついにスパート合戦!最後はポガチャル(スロベニア)ファンアールト(ベルギー)がほぼ横並びでゴール!二人のタイムはなんと「6時間6分33秒」で同タイム!メダルの色は写真判定の結果にゆだねられます。

その結果は…。

 

わずか数センチの差で…

 

写真奥のファンアールトが数センチの差で先行し、銀メダル獲得!写真手前のポガチャルが銅メダルとなりました。

240km以上走って、4000m以上山を登って、最後は写真判定とは…。まさに最後まで目が離せないドラマチックな結末でした。

走っている選手がすごい!

 そもそもこのレース、エントリーした顔触れがとにかく豪華なのです。ヨーロッパで大人気の自転車ロードレースでは、世界最高峰と呼ばれる「ツール・ド・フランス」が6月26日から7月18日まで行われていたばかり。その終了後わずか6日でのオリンピックに、フランスから東京へ多くのトップ選手が転戦。

 

左からファンアールト(銀)、カラパス(金)、ポガチャル(銅)

 

メダルを獲得した選手だけで見ても、金メダルのカラパスは今年のツール・ド・フランス総合3位。銀メダルのファンアールトはツール・ド・フランス全21ステージ中3ステージ優勝。そして銅メダルのポガチャルは、去年と今年ツール・ド・フランス2年連続総合優勝した選手。

日本で世界トップクラスの選手が集まる自転車ロードレースはなかなかないこと。自転車ファンのボルテージが上がるのも当然(?)だったわけです。

フランスから日本へ 景色の激変がすごい!

ロードレースの見所と言えば、6時間を超える長丁場の中で次々に移り変わる景色。トップ選手たちは先月から今月にかけて、ツール・ド・フランスで約3週間にわたってアルプスや地中海の美しい景色を巡り、最終日の7月18日にはパリ・凱旋門の前を通ってゴール。

 

7月18日 ツール・ド・フランス表彰式に臨むポガチャル

 

そのわずか6日後に行われたオリンピックレースは、パリとかなりギャップのある「日本ならでは」の景色が広がりました。

まずスタート直後、東京府中市では神社の参道を疾走。

 

 

多くの人が暮らすニュータウンを走行しながら、徐々に山へと近づいていきます。

 

 

のどかな田園風景を走り。

 

 

長い峠道を登って。

 

 

山中湖を望む景色を猛スピードで下ります。

 

 

そしてゴール地点は自動車サーキットとして有名な富士スピードウェイ。

 

 

6時間のレースの中で、次々移り変わる風景が話題になりました。時には住宅のすぐわきを通り抜ける場面もあり。

 

住宅の2階からレース観戦も

 

ネット上には、「この間まで凱旋門の周りを走っていたのに…」と先週までとのギャップに驚く声や、「自転車が猛スピードで実家の前を走っている!」など、非日常の光景に興奮する声もありました。

観客たちの「密」もすごい?

とはいえ、SNSやメディアではネガティブな話題も。ウイルス感染対策のため、沿道での応援自粛が呼びかけられていましたが、あちこちの沿道に多くの人が集まり、写真を撮ろうとするなど混雑が発生。

多くの会場が無観客で行われている中で、多くの人が集まっている様子が報じられると、観衆や運営に対して批判の声もあがりました。まだ競技が始まったばかりの東京オリンピック。感染拡大を防ぐために、さらなる対策が求められそうです。

NHK特設サイトで見逃し配信中!

今回の自転車ロードレース。テレビ中継がなかったために(ネット中継のみでした。すみません…)、「見逃した!」という方もいらっしゃったかもしれません。その場合は、パソコンやスマートフォンでご覧ください!NHK特設ホームページからレースをノーカットで見逃し配信中です。

NHK東京2020特設サイトへは以下の画像をクリック!

配信ページはこちら

※ゴールの瞬間は、動画開始およそ6時間30分ごろです

関連キーワード

関連トピックス

最新トピックス

RANKING人気のトピックス

アクセス数の多いコンテンツをランキング形式でお届け!