ストーリーその他のスポーツ

選手団の衣装には日本を意識したデザインも! 東京オリンピック開会式

2021-07-24 午前 0:40

東京オリンピックの開会式では、日本語の50音順で、205の国と地域、そして難民選手団の合わせて206の選手団が入場、色とりどりの衣装で、楽しませてくれました。なかには、開催国の日本を意識したデザインを取り入れた選手団もありました。

桜と富士山のイラストが!

太平洋の島国、キリバスの3人の選手が着用していたのは、マスクとお揃いの青い襟付きシャツ。シャツの右側には、桜と富士山のイラストがあしらわれていました!

 

民族衣装に着物で使われる柄も!

キリバスに次いで登場した、中央アジアのキルギスの選手団。民族衣装の左肩には、美しい桜の刺繍が!コートの袖口に入っていた「青海波」も印象的でした。

 

国旗カラーの和服で登場した選手団も!

南米のコロンビアの衣装は和服で、国旗と同じ黄色・紺・赤の襟元が鮮やか。マスクとも統一感がありました!

 

扇子を持っていた選手団も

チェコの選手団が持っていたのは、扇子!色も日本の藍染を意識したものでした!

 

 

3時間半に及んだ開会式を終えた選手たち。7月24日からは、本格的に競技が始まります。選手たちの活躍にも期待しましょう!

関連キーワード

関連トピックス

最新トピックス

RANKING人気のトピックス

アクセス数の多いコンテンツをランキング形式でお届け!