ストーリーその他のスポーツ

日本発祥のオリンピック種目 "ケイリン" を知ろう!

2018-12-28 午前 09:00

オリンピックには自転車競技がいくつかありますが、その中の一つ”ケイリン”はご存じでしょうか?
ケイリンって…競輪のことでしょ?と思われている方もいるかもしれません。しかし、じつは違う競技なのです。

 

柔道と同じように、日本語がそのまま競技名となっているケイリンのこと、日本人なら知っておきたい!

オリンピックには、自転車競技がたくさん!

そもそも、自転車ってスポーツなの?とお思いのみなさん!

 

自転車競技はオリンピックにも数多採用されているれっきとしたスポーツです!
種目数もこんなにたくさんあるのです。

 

 

たとえば、道路を駆け抜けるロードレースや

 

 

険しい山岳コースで競い合うマウンテンバイクなど、自転車ならではの競技が11種類もあります。

 

 

一番種目数が多いのが、トラック競技。そのなかの一つが、今回ご紹介する「ケイリン」です。

 

 

2000年のシドニーオリンピックから、正式種目になっています!

「ケイリン」って「競輪」とは違うの?

ケイリン(KEIRIN)は日本発祥のスポーツ!

 

オリンピックでの競技の正式名も、そのまま”ケイリン”が使われています。

 

 

ケイリンの最大の特徴は、他のレースと違ってペースを作る先導車がいること。全8周のうち5周するまで先導車を追い抜いてはならず、先導車が抜けた後に本当のレースが始まります。

 

 

日本で行われている公営競技の競輪とは細かなルールが異なっています。

 

たとえば、競輪では試合中に敵選手へのブロックが許可されていますが、ケイリンでは禁止。

 

それから、選手同士で作戦を立てるなど、協力し合うこともケイリンでは許されていません。

ケイリンで使われる自転車の重さはママチャリの半分

 

ケイリンの主役といえば、もちろん自転車!こちらのトラックレーサーです。

 

トラックレーサーは軽量化のため、変速機やブレーキもないシンプルな仕様になっています。

 

その重さはおよそ7キロ!一般的なママチャリの半分ほどもありません。

 

 

それにヘルメットと体にフィットするウェアで自転車に乗ります。無駄が一切ありません!

 

 

そんな軽いトラックレーサーですが、お値段はとってもずっしり。

 

なんでも100万円を超えるものもあるのだとか。ママチャリなら50台以上買えそうですね…

傾斜は45度!?ケイリンコースに隠された秘密

 

オリンピックのケイリンは1周250メートルのトラックで行います。

 

なんといっても特徴的なのはその傾斜。コースは外側に向かって高くなっていき、最大傾斜は45度!

 

この傾斜を「カント」といい、選手にとってはこの傾斜のおかげでスピードを出しながらカーブすることができるのですが…ふつうの人は立っていられないほどです!

ケイリン選手は一人じゃスタートができない!

 

そんな普通の人が立っていられない傾斜をものすごいスピードで駆け抜けていくケイリン選手ですが…スタートの時は、必ず補助の人がつきます。

 

なぜなら、一人ではスタートできないから!!

 

 

というのも、ケイリン選手は足の力を最大限にペダルに伝えるために、ペダルに足を固定しているのです!

 

なので支えがなければスタート位置につくこともできません。

 

さらにケイリン選手にはもう一つ秘密が…。

 

 

それはすね毛を剃っていること!これは少しでも空気抵抗を減らすための工夫です。

ケイリンは位置取りと駆け引きが大事!

 

ケイリンは、先導車がスタートラインを超えると同時にスタート!

 

先導車が残り3周で離脱するまで、選手は先導者を追い抜かすことはできません!なので「レースは残り3周だけ見ればいいんでしょ?」と思いきや、じつはケイリンは、先導車を追うときの位置取りが非常に大事なんです。

 

 

「え?それって先導者のすぐ後ろについていればいいってこと?」と思いますよね。

 

しかし、そうではありません!

 

なぜなら、先導車がコースを抜けたとき、一番風圧を受けてしまうのが先頭だからです。

 

よほど脚力に自信がなければ、最後までスタミナを保つのは難しいのだそう。

 

先頭から2番目の選手はほぼ無風の状態で走れるため、体力を温存することができます。

ケイリンはゴール寸前まで勝利の行方がわからない!

先導車が抜けて残り3周、さらに駆け引きは続きます。

 

普通のトラック競技なら、インコーナーが有利。ですが…傾斜のあるケイリンは少し違います。

 

 

一度外側に出て走ることで、坂を下るスピードを利用して一気に先頭に躍り出やすくなるのです!

 

 

しかし、先頭は風圧を受けてしまうため、トップスピードが出にくい。

 

つまり、外側に大きく出た選手が、先頭に踊り出ると踏んで、その選手を風よけにして着いていった黄色い選手が、

 

 

最後の最後にひょいっと抜かすことだってあるのです!

 

レースが終わる寸前まで勝敗が読めないケイリン!熱いですね!!

 

 

世界のケイリンと日本の競輪に違いはあれど、競輪と同じようにケイリンも白熱すること間違いありません!ぜひ一瞬たりともお見逃しなく!

おすすめコンテンツ

自転車界を震かんさせた「機械ドーピングとは!?」

関連キーワード

関連トピックス

最新トピックス

RANKING人気のトピックス

アクセス数の多いコンテンツをランキング形式でお届け!