ストーリー野球

「熱男」はどこまでも熱かった!お祭り男・松田宣浩のパワーの源

2019-06-10 午後 0:00

ソフトバンクを2年連続で日本一に導いたリーダー的存在であり、「熱男」という愛称でファンからも親しまれている松田宣浩選手。

 

そんな熱すぎるお祭り男、松田選手のパワーは一体どこから生まれるのでしょう?その源を追ってみました!

熱すぎる!最強の独自打法「前手ギュン打法」

 

松田選手の武器と言えば、ここぞという時に決める勝負強さと力強いバッティング。

そのバッティング方法を、松田選手は「前手ギュン打法」と自ら命名しています。

 

その「前手ギュン打法」とは、ボールを体のはるか前でとらえ、両手でバットをギュンと押し込む!というもの。

 

体のはるか前でボールをとらえる

 

腕が伸び切っていないときにボールとバットが当たると、ピッチャーの球に負けてしまうというのが松田選手の持論です。そこで、めいっぱい腕が伸び切ったところで、バットに力を伝えるために、この「前手ギュン打法」が生まれました。

 

ギュン!と押し込み、本塁打を放つ松田選手

 

一見するとフォームが崩れ、打たされてしまったようなバッティングなのですが、松田選手はこの打法でホームランを量産しているというので驚きです!

 

通常は、ぎりぎりまで球筋を見極めるため、体の近くでボールをとらえます。前の方で打つとバランスが崩れ、パワーも出なくなってしまいます。

チームメートからも松田選手のバッティングは意味が分からない!!と驚かれているんだそうです。

 

それを可能にしているのは、松田選手の鍛え抜かれた下半身。

 

 

前手ギュン打法で、めいっぱい体重をかけてスイングしている松田選手。

 

バッティングの瞬間は軸となる左足にほとんどの体重が乗ってしまうため、スイング直後に軸を右足に入れ替えて体重を逃がしているんだそうです。そして右足一本でトン・トン・トンとジャンプ。その様子から「ケンケン打法」とも呼ばれています。

 

松田選手の“ケンケン”は、理想のバッティングができた証なのですね!

ファンまでも熱くする!マッチのお祭り伝説

 

松田選手といえば、ホームラン後の「熱男!!」というパフォーマンスでおなじみですが、この「熱男」はもともと2015、16年のソフトバンクホークスのチームスローガンでした。

 

それをホームラン後のパフォーマンスとして使い続けたおかげで、今ではソフトバンクの名物になったのです!

ファンの方々も、会場が一体感に包まれる「熱男~!!」の瞬間を大事にしています。

 

そんな松田選手の愛称は「マッチ」。ファンサービスもトゥーマッチらしく…?

 

試合後にいつまでもサインをし続けてくれたり、ファウルボールを客席の子供に投げてあげたりと、サービス精神が旺盛なんです!

 

でも、松田選手がもともと元気で熱い人だったかというと、実はそうでもないらしく…。

ソフトバンクの元祖盛り上げ役・憧れの川﨑宗則さんから後を任されたことで、今のようなスタイルになったんだそうです!

秋山監督と作り上げた、今の松田宣浩

 

2006年にソフトバンクに入団した松田選手。

当時から長距離バッターとして期待を寄せられ、ルーキーながら初戦出場を果たします。

 

しかし、プロのボールには全く歯が立たず、わずか2カ月で二軍落ちしてしまったのです。

そこで待ち構えていたのが、当時二軍を率いていた秋山幸二監督でした。

 

 

秋山監督は松田選手の武器である長打力を伸ばすため、つきっきりで指導をします。下半身の強化として、強く踏み込む感覚をつかむために地下足袋を履かせて練習をさせることもありました。

 

プロとはなんなのか、それを考え続けなければならないことを、秋山監督が叩き込んでくれたと言います。

松田選手は今でも全打席を映像で振り返り、反省と改善につなげています。

 

その後、秋山監督は一軍の監督に就任。しかし2年連続でリーグ優勝を逃します。

 

監督としての真価が問われた3年目。最終戦を前に、ソフトバンクは5連敗を喫してしまいます。

対オリックス戦、同点で迎えた延長戦。バッターボックスに立った松田選手を、ここで決めなければというプレッシャーが襲います。

 

そして松田選手が放ったのは、二軍時代に秋山監督と何度も練習してきた長打。ソフトバンクは優勝を手にしたのです。

 

 

今でも一番印象に残っている打席をあげるなら、このシーンを選ぶという松田選手。今の勝負強さは松田選手と、松田選手を熱心に始動した秋山監督がともに作り上げてきたものでした。

 

 

憧れの先輩から熱い気持ちを受け継ぎ、師匠にプロ意識を叩き込まれ、今があるという松田選手。

 

そんな熱いエネルギーを絶やすことなく、走り続ける姿は我々にも熱い気持ちを届けてくれます。今シーズンの松田選手にも期待しましょう!

関連キーワード

関連トピックス

最新トピックス

RANKING人気のトピックス

アクセス数の多いコンテンツをランキング形式でお届け!