ストーリー野球

【完全版!】プロ野球 パ・リーグ監督座談会2021 ①

2021-03-28 午後 11:00

3月26日、2021年のプロ野球がいよいよ開幕!サンデースポーツでは毎年恒例のプロ野球監督座談会を開催。放送に入りきらなかった監督たちの未公開トークを加えた完全版としてシリーズで記事化します。

まずは各監督の挨拶と、初参加の中嶋監督・石井監督から他監督への質問について。本題に入る前から「腹の探り合い」が始まっています!

初参加の2人から質問!

開幕を前にオープン戦で全国各地に滞在中のパ・リーグ6監督と、東京のスタジオを結んでリモート監督座談会が開催されました。

ソフトバンク 工藤公康監督

ロッテ 井口資仁監督

西武 辻発彦監督

楽天 石井一久監督

日本ハム 栗山英樹監督

オリックス 中嶋聡監督

(司会 豊原謙二郎アナ、副島萌生アナ)

 

まずは座談会開始前の雑談の時間、現役時代からの先輩後輩の関係が見えるやりとりがあったのでご紹介しましょう。

 

*****

 

 …これ僕の声聞こえてる?

 

工藤 聞こえてます。辻監督こんばんは。よろしくお願いします。

 

 よろしくお願いします。

 

工藤 栗山監督、こんばんは。

 

栗山 こんばんは。よろしくお願いします。

 

工藤 中嶋さんもよろしくお願いします。

 

中嶋 お願いします。

 

工藤 石井さん、よろしくお願いします。

 

石井 よろしくお願いします。

 

工藤 井口はこの間試合で会ったけど、こんばんは。よろしくお願いします。

 

井口 よろしくお願いします。

 

 …よし、今日は「進行・議長、工藤公康」だな(笑)!

 

工藤 いえいえ待ってください!ちゃんとアナウンサーさんがいらっしゃいますから。

 

 

豊原 えー、微力ながらやらせていただきます。

 

副島 よろしくお願いいたします!

 

豊原 お忙しい中、今日はお集まりいただきましてありがとうございます。今年のパ・リーグをどう戦い抜くのか、6人の監督の皆様に熱く語っていただきたいと思います。

 

副島 去年に引き続き今年も新型コロナウイルス感染拡大防止のため、リモートでの開催ということになりました。

 

 

副島 今回、座談会初参加の方がお二人いらっしゃいます。楽天の石井監督とオリックスの中嶋監督です。せっかくの機会ですので、今回お二人に他の監督に聞いてみたい事を事前に準備していただきました。では中嶋監督から質問をお願いします。

 

中嶋 工藤監督にお聞きしたいんですが、ベテランの選手、既存の選手から若手選手に切り替えるタイミングは、どんな感じで考えていますか。

 

工藤 そのタイミングは自然にくるように思うんですよね。ベテランの調子によったりするので。でも、次の世代に向けての準備はするようにはしています。僕は準備好きな人間なので、そこは怠らないようにということは考えています。

 

中嶋 ありがとうございます。

 

豊原 中嶋監督は選手兼任コーチとして、日本ハムで栗山監督のもとでプレーされていましたよね。栗山監督から学んだこと、あるいは盗んだことというのはどんなことでしたか。

 

中嶋 兼任コーチという「微妙な」間柄でしたので、すべては教えてくれませんでしたけれど、人とのつきあい方を教えてもらったと思います。

 

現役時代の中嶋監督(左)

 

豊原 というお話ですが、栗山監督。

 

栗山 僕が最初に監督をやって何も分からない時期に、選手・コーチ時代の中嶋監督や今オリックスのGMをされている福良さんがコーチとして支えてくれたんですよね。だから去年もオリックスさんは僕がやろうとしている事は全てお見通し、というような感じだったので、非常にやりにくかったです(笑)。

 

副島 続きまして石井監督、他の監督に聞いてみたい事はありますか。

 

石井 あの、工藤監督はいつもノートを持ちながらいろいろ書いていますよね。それが気になるんですけど。

 

工藤 あれはその時気が付いた事とかを書いたりしていますね。自分はどちらかというと忘れやすい方なので、プレーについて自分の考えを書いておくと、試合のビデオを見直した時に思い出しやすいので。気が付いた事はなるべくメモするように心がけています。

 

石井 なんか「それ以上の事」が書いてあるんじゃないかな?と思ったりするんですけど…。

 

 

工藤 それ以上?えーっとですね、それ以上はないです。

 

石井 本当ですか?

 

工藤 はい。ないです(笑)。

 

豊原 辻監督は現役時代ヤクルトで石井監督とチームメイトでしたが、どんな印象がありますか?

 

辻 ヤクルトに移籍した時、チームカラーが西武と全く違う事にびっくりしましたね。試合前のミーティングが終わった後、みんなフレンドリーにテレビゲームをやったり将棋打ったりしていて。たぶん石井監督はサッカーゲームをやっていたような気がします(笑)。でもやっぱり一番覚えているのが、石井監督の新人1年目ですよ。日本シリーズでいきなり先発したんですよ。それは驚きましたね。いい球投げてましたし、すごいピッチャーが出てきたな、と思った記憶があります。

 

現役時代の石井監督(中央)

開幕戦、相手のここに警戒!

 今回の座談会は、セ・パ共に一つのテーマについて深掘りして聞いていく形式。そのテーマとは、

「相手チームのここに警戒」。

 

 

3月26日からの開幕カード、「ソフトバンク×ロッテ」「西武×オリックス」「楽天×日本ハム」。それぞれの対戦相手の警戒ポイントを、監督たちには事前にあげてもらいました。その内容は以下の通り。

ソフトバンク・工藤監督⇒ロッテの「四球」に警戒

ロッテ・井口監督⇒ソフトバンクの「全て」に警戒

西武・辻監督⇒オリックスの「吉田正尚」に警戒

オリックス・中嶋監督⇒西武の「すべて!!」に警戒

日本ハム・栗山監督⇒楽天の「すべて」に警戒

楽天・石井監督⇒日本ハムの「日本人選手カルテット」に警戒

 

次の記事から、それぞれの対戦ごとに警戒ポイントに挙げた理由や、他球団からの意見をざっくばらんに話していただきます!

まずはソフトバンク対ロッテの対戦に注目。昨シーズンリーグ1位2位対決のポイントは?

以下のリンクからぜひお楽しみください!

 

ソフトバンク×ロッテの記事はこちら

西武×オリックスの記事はこちら

日本ハム×楽天の記事はこちら

 

サタデースポーツ/サンデースポーツ

 

関連キーワード

関連トピックス

最新トピックス

RANKING人気のトピックス

アクセス数の多いコンテンツをランキング形式でお届け!