ストーリー野球

【ヤクルト&阪神】プロ野球 セ・リーグ監督座談会2021 ③

2021-03-28 午後 11:10

3月26日、2021年のプロ野球がいよいよ開幕!サンデースポーツでは毎年恒例のプロ野球監督座談会を開催。放送に入りきらなかった監督たちの未公開トークを加えた完全版としてシリーズで記事化します。

ヤクルト×阪神の対戦、両監督が警戒するポイントは?大注目のあのルーキーについても語ります!

ルーキー・佐藤輝明を警戒せよ!

続いてはヤクルトと阪神の対戦。高津監督、矢野監督があげた相手の警戒ポイントは、どちらも「個人名」でした。特に話題のルーキーには他球団の監督からも警戒の声が続々と出てきました。

 

 

*****

ヤクルト・高津監督⇒阪神の「佐藤輝明選手」に警戒

阪神・矢野監督⇒ヤクルトの「打線(村上)」に警戒

 

豊原 両監督とも個人の名前があがってきましたね。まず高津監督から伺いましょう。ずばり佐藤選手の名前をあげましたが、その心は。

 

高津 オープン戦で何度か対戦しました。彼は広角に長打を打てますよね。クリーンアップに入っても、その前後でも、彼のような選手が入ったことはタイガース打線にとってすごく大きいと感じましたね。

 

 

副島 他の監督も頷いていますが、佐々岡監督にもお聞きします。昨シーズン広島は阪神戦で勝ち越していますが、佐藤選手を佐々岡監督はどうご覧になっていますか?

 

佐々岡 キャンプ中に一回対戦した時に彼のスイングの速さを見て、1年目であそこまで振れるんだなと驚きました。体もすでに大きいですけどまだまだ成長するだろうし、本当に手ごわいというか、怖さがありますね。

 

豊原 与田監督はいかがですか?

 

与田 うちも沖縄で練習試合をした時にはじめて見ましたが、「新人の雰囲気がない」ですよね。立ち振る舞いが素晴らしかった。非常に警戒しています。

 

 

副島 矢野監督ご自身としては、佐藤選手をどのように見ていますか?

 

矢野 遠くへ飛ばす能力は、チームでもナンバーワンだと思います。新人ですけど「いい意味で」マイペースなので、この先が本当に楽しみです。どこまで成長してくれるんだろうと、夢のある選手ですね。

ヤクルト4番・村上のすごさは?

副島 矢野監督はヤクルトの「打線(村上)」に警戒という事ですが、村上選手についてどう見ているのか教えて頂けますか。

 

矢野 村上くんもまだ若いですけど、もうプロ野球選手としては一流ですよね。この先の日本を代表するバッターになっていくだろうと、誰もが思っていると思います。ヤクルトというチーム自体、まず打線がいい。その中で村上くんがホームランも打てるし打点も稼げるし、フォアボールで粘って出塁もできる。チームのカギになる選手だと思っています。

 

豊原 ヤクルト打線という意味では、内川聖一選手が加入しました。これも大きいんじゃないかと思うんですが高津監督、いかがでしょうか?

 

高津 大きいですね。村上の前と後を誰が打つのか、打線としてはすごく重要です。昨年はなかなか5番バッターが固定できなかったんですけど、このオープン戦はずっと内川に5番を打たせています。そこに収まってくれると、打線としては一番いい形になるのかなと。

 

豊原 原監督はヤクルト打線、そして村上選手をどうご覧になっていますか。

 

 

原 村上くん、彼は本当に素晴らしいバッターですね。ただ、ジャイアンツ戦ではあまり打ってる印象があまりないんですね。高津さん、そうですよね。

 

高津 そうですね。抑えられていると思います。

 

 なので今年は「逆に」爆発されてしまうんじゃないか、と心配ですよ。彼は元来レフト方向に強打を打つのが上手。さらに同じくらいの比率で、インサイドのボールをライトスタンドにも運べるようになれば、とてつもないバッターになるでしょうね。

どうする?キャプテン 各チームの事情

 

副島 ちなみにこの両チームは、今年からキャプテンが変わります。ヤクルトはこれまで青木選手が担当していたキャプテンを、今年からは山田哲人選手が務めるそうですね。

 

 

高津 彼本人が、チームを引っ張っていきたいと志願してくれまして、青木にも相談したら彼も「哲人ぐらいの年齢の選手がキャプテンをするのがいい」と言ってくれましたので、じゃあもう山田哲人をキャプテンにしようと。口数がそんなに多い選手じゃないですけれども、昨年までの彼の動きとは変わってきていると思います。

 

副島 阪神は今シーズンから、大山悠輔選手がキャプテンになるそうですね。

 

矢野 そうですね。大山がキャプテンをやりながら、どこまで成長していってくれるのか。チームのことも自分のことも考えることはすごく大変な事ですが、だからこそ大山が成長できるんじゃないかなと思いました。このキャンプも精力的に動いてくれてるので、頼もしく思っています。

 

豊原 中日では髙橋周平選手がキャプテンに固定されてか、安定して好成績を続けていますよね。与田監督、やはり環境が選手の成長を促すということでしょうか。

 

与田 一番は本人の頑張りです。球界を代表するスターになってほしいという思いで彼に任せました。重荷だとは思うんですが、よく続けてくれていますね。

 

副島 広島は今年からダブルキャプテンを据えましたね。大瀬良大地投手と鈴木誠也選手。

 

佐々岡 リーグ3連覇のときはキャプテンを置いていなかったんですが、黒田博樹と新井貴浩がチームをまとめてくれていました。今年は大瀬良と誠也をキャプテンにして、「俺の背中を見てついてこい」という姿を若い選手にも見せてもらいたい。そしてチーム一丸で戦いたいという気持ちです。

 

豊原 野球選手はみんなプロなんだから、キャプテンなんているのか?と言われることもあるかもしれませんが、やはり必要としているチームが多いんですね。巨人は坂本勇人キャプテンでずっと来ていますが、原監督はキャプテンの役割、どうお考えですか。

 

 僕はキャプテンにこんな存在になってくれ、とかいう気持ちはないんですね。本人がどういうキャプテンシーを出すのかが大事ですから。ただ監督として指示を出す場合、チームにキャプテンという存在がいると選手に話をしやすくなりますから、ありがたい存在ではありますね。

ヤクルト&阪神 今季の戦力を分析!

豊原 ヤクルトと阪神の戦力の話に戻りたいんですが、ヤクルトは投手陣が課題と言われてきました。高津監督、もちろん補強などもありましたが、その課題についてはいかがですか。

 

高津 投手陣が弱点というのは間違いないです。中でも先発投手はなかなか1年間活躍できませんでした。具体的には言いづらいですが、まずそこを立て直さないと上には行けないとは思っています。

 

豊原 先発投手という意味では2年目の奥川恭伸投手は、今年どんな起用になるでしょうか。

 

高津 状態を見ながらにはなりますが、1軍で見てみたい気持ちはあります。

 

副島 阪神は昨シーズン、巨人戦で8勝16敗と厳しい戦いでしたね。矢野監督、今シーズンはどう戦っていきましょうか?

 

矢野 ジャイアンツの強さはみなさん感じていると思いますけど、現状我々がジャイアンツに負けているのは「球際」だと感じています。一人一人の選手が捕球するときの球際、守備でダブルプレーを取るときの球際。そのプレーに差があると去年感じました。阪神はエラーが一番大きな課題でしたから、今年のキャンプは球際を意識してやってきて、手ごたえも掴んでいますよ。

 

豊原 球際、エラーが課題ということですが、二遊間は今年どうなりますか。巨人から山本泰寛選手を獲得しましたが、どういう形になりそうですか。

 

矢野 そこはわかりやすく競争だと選手たちに言っています。起用する側で言えば、去年ショートで多く出た木浪(聖也)は左打ちですから、右打ちの山本が入ったことはバリエーションが増えるということです。二遊間は状態がいい、競争に勝った選手を使うつもりです。

 

*****

 

次回は広島と中日の対戦に注目。両チームのキーマンや課題を語ります。そして6監督のシーズンへの意気込みも!

 

広島×中日の記事はこちら

 巨人×DeNAの記事はこちら

 

サタデースポーツ/サンデースポーツ

関連キーワード

関連トピックス

最新トピックス

RANKING人気のトピックス

アクセス数の多いコンテンツをランキング形式でお届け!