ストーリー野球

【巨人&DeNA】プロ野球 セ・リーグ監督座談会2021 ②

2021-03-28 午後 11:10

3月26日、2021年のプロ野球がいよいよ開幕!サンデースポーツでは毎年恒例のプロ野球監督座談会を開催。放送に入りきらなかった監督たちの未公開トークを加えた完全版としてシリーズで記事化します。

巨人×DeNAの対戦、両監督が警戒するポイント、そして他チーム監督が見た王者・巨人の強さとは?

巨人×DeNA 相手の警戒ポイントは

 まずは昨シーズン優勝の巨人と、4位のDeNAの対戦に注目。ラミレス監督から三浦監督への監督交代で起きる変化は?そして梶谷隆幸選手の加入で巨人はどう変わる?それぞれのチームについて語っていきます。

 

*****

巨人・原監督⇒DeNAの「機動力・スモールBB(田中俊太)」に警戒

DeNA・三浦監督⇒巨人の「そつのない野球」に警戒

 

 

 

副島 では最初は、巨人とDeNAのカードから参りましょう!

 

 

豊原 去年の対戦成績は12勝12敗と五分の成績でした。巨人は他の4チームには勝ち越しましたので「全球団勝ち越し」を阻止したのがDeNAという形になりましたね。

 

副島 では原監督。警戒するのは「機動力・スモールBB(田中俊太)」といただきました。詳しくご説明いただけますか。

 

 まず三浦新監督になったことでの変化ですね。前任のラミレス監督は比較的動かず、選手を信頼して攻撃をしていた感じでした。対して今年はオープン戦などを見ていると、かなり細かい野球をしてきそうだなと。機動力・スモールベースボールですね。バントやエンドランも駆使して、昨年までとは違うチームに変えようとしている、そこを非常に警戒しなければいけないと。そして、田中俊太という選手が巨人から移籍しました。俊太は若い時から手塩にかけて、非常に大事に育ててきた選手ですから、手強い敵になるのではないかなと思っています。

 

豊原 この原監督の見立て、他の監督はどうお考えでしょう。矢野監督はどうお聞きになりましたか?

 

矢野 去年までは「打って勝つ」というのがベイスターズの野球だったと思います。そこにプラスアルファ、三浦監督になったことで「動くぞ」という意識が高まっている印象はありますね。

 

副島 他のみなさんも同じ意見のようですね。三浦監督、このお話を聞いていかがですか。

 

三浦 やはり去年にプラスアルファですね、足を絡めることで攻撃力・得点力を上げていきたいという思いはあります。

 

副島 では三浦監督があげた巨人の警戒ポイント、「そつのない野球」について聞きましょう。その心は?

 

 

三浦 ジャイアンツとの対戦では隙を見せると隙を突かれると感じています。先日沖縄で練習試合をした時、ランナー1塁2塁でレフトフライを打たれたんですが、タッチアップで進塁を許してしまいました。隙を見せるとどんどんジャイアンツのペースに持っていかれるということを、その試合からすごく感じましたね。

 

豊原 他の監督も頷いていますが、高津監督にも聞きましょう。

 

高津 三浦監督が言われたように原監督の采配は隙を突いてきますよね。さらにいろいろな攻撃パターンがあるし、選手たちがしっかり自覚したチームという印象を受けました。今年は隙を見せないようにして、逆にこちらが隙につけ込むような展開に持っていかないと、なかなかジャイアンツには勝てないと思っています。

今年は一味違う!原監督は動かない

豊原 そうした意見に、原監督は「うーん」という表情ですが、原監督ご自身のご意見を伺いましょうか。

 

 

 昨年一昨年とですね、少し動きましたけど、今年は動きません。「動きたくない野球」をしたいなと思っています。なのでみなさんそんなに警戒しなくて大丈夫です。

 

豊原 それは「動かなくても得点が取れる野球」を目指すという事ですか?原監督はここ数年、非常に攻めを打つ手が早い印象でしたが、それが抑えられるかもしれないと。

 

原 少し「落ち着いた野球」をしたいなということですね。今年の元日にそのように思って今日まで来ております。しかし開幕を迎えると、またどうなるかは定かではないんですがね。自分の中では動かない、2021年はそんなチームを作ろうと考えています。

 

副島 動かないという言葉も、すでに駆け引きかもしれないですからね。

 

豊原 原監督の采配には注目ですね。これを聞いて佐々岡監督はいかがですか。

 

佐々岡 僕らが現役のころのジャイアンツといえば、ホームランバッターが並ぶ野球をしていたイメージですが、やはり原監督になってからですよね、打撃だけでなく走塁も含めて「そつのない野球」になったのは。僕らは去年完敗でしたから、今年は自分たちがそういう野球をしなければと考えています。

FA移籍の梶谷の起用法は

豊原 原監督の攻めという部分でいくと、今年の注目は梶谷隆幸選手の加入です。ここまで梶谷選手はいかがですか、原監督。

 

 

原 近年、1番バッターと5番バッターに誰を起用するか、非常に苦労してきました。そういう意味では梶谷が1番に入ってくれたことは、チームにとって非常に大きいですね。

 

豊原 これは三浦監督にも伺いましょう。逆に梶谷選手が抜けたDeNAの1番バッターにも注目が集まると思います。実戦を重ねながら決めていきたいと以前のインタビューでは語っていましたが、その辺りいかがでしょうか?

 

三浦 本当にもう「う~ん」ですね。まだ決まっていないので悩んでます。

 

豊原 そしてDeNAは外国人選手の入国が遅れ、開幕に間に合わない可能性が高いという情報が入っています。その点について、ひと言いただけますか?

 

三浦 間に合わない確率が高いと聞いていますが、それはもうどうする事もできないのでね。逆に他の若い選手たちが、今の状況をチャンスだと捉えて取り組んでくれていますよ。もうやるしかないのでね。前向きにチーム全体で取り組んでいます!

 

*****

 

次回はヤクルトと阪神の対戦に注目。注目のルーキー、佐藤輝明選手についても語ってもらいます!

 

ヤクルト×阪神の記事はこちら

広島×中日の記事はこちら

 

サタデースポーツ/サンデースポーツ

関連キーワード

関連トピックス

最新トピックス

RANKING人気のトピックス

アクセス数の多いコンテンツをランキング形式でお届け!