ストーリー野球

【完全版!】プロ野球 セ・リーグ監督座談会2021 ①

2021-03-28 午後 11:10

3月26日、2021年のプロ野球がいよいよ開幕!サンデースポーツでは毎年恒例のプロ野球監督座談会を開催。放送に入りきらなかった監督たちの未公開トークを加えた完全版としてシリーズで記事化します。

まずは座談会初参加の三浦監督が先輩監督へ質問。ざっくばらんな答えから、監督たちの意外(?)な悩みが明らかに!

初参加・三浦監督から質問!

シーズン開幕を前に、オープン戦で全国各地に滞在中のセ・リーグ6監督と、東京のスタジオを結んでリモート監督座談会が開催されました。

巨人 原辰徳監督

中日 与田剛監督

阪神 矢野燿大監督

DeNA 三浦大輔監督

広島 佐々岡真司監督

ヤクルト 高津臣吾監督

(司会 豊原謙二郎アナ、副島萌生アナ)

 

今年は新型コロナウイルス対策のため、セ・リーグ座談会では初めてのリモート形式。各監督とも手探りの部分はあるでしょうが、ざっくばらんな議論をしてもらいたい!ということで本題に入る前に、まずはDeNAの三浦大輔新監督から、他球団の監督に率直な質問をぶつけてもらいます。

 

 

*****

 

副島 今日はお忙しい中お集まりいただき、ありがとうございます。

 

豊原 新型コロナウイルスの影響で、密を避けるために今年はリモートという形をとらせていただいております。6人の監督全員がお集まりになって話をする機会はなかなかないと思うので、ざっくばらんによろしくお願いいたします。

 

副島 この座談会に初めて経験されるという監督がいらっしゃいます。DeNAの三浦監督です。

 

三浦 よろしくお願いします。

 

副島 せっかくの機会ですので、先輩監督のみなさんに聞いてみたい事はありませんか?

 

三浦 そうですね…。やっぱり胃薬は必要でしょうか?シーズン中はストレスで大変だと思いますので。

 

 手放せない、というほどではないけども、あるに越した事はないんじゃないでしょうか。

 

豊原 原監督でも胃が痛む機会があるんですか?

 

原 いやいや、それはありますよ(笑)。

 

副島 佐々岡監督は去年、監督1年目のシーズンを経験されていかがでしたか?胃薬は必要でした?

 

佐々岡 僕は遠征バックに1箱、あとマツダスタジアムの監督室に1箱置いてあります。

 

 

副島 本当にしっかり飲んでいらっしゃるんですね!大丈夫ですか?ちょっと心配になってくるところもありますけど…。

 

佐々岡 今年胃カメラ検査しましたから、大丈夫です。

 

豊原 それはよかったです!高津監督はいかがですか?

 

高津 胃薬はそんなに飲まないですけど、眠れない日はよくありましたね。

 

豊原 ということは、眠りやすくするために睡眠導入剤を使われてるとか…?

 

副島 …そろそろ薬の話はいいんじゃないでしょうか(笑)。

 

豊原 失礼いたしました(笑)!

現役時代の「番長」の思い出

副島 三浦監督は現役時代、原監督と矢野監督とはピッチャーとバッターとして対戦していますよね。当時のことを振り返っていただけますか?

 

三浦 原さんが引退をされる年、僕は東京ドームでホームランを打たれているんですよね。

 

豊原 ちなみに原監督は覚えていらっしゃいますか?

 

原 僕はもうレギュラーではなかったと思いますけど、彼はまだ若くてバリバリの頃ですね。確かに打たせてもらった記憶はあります。

 

豊原 対戦成績は2打数2安打、ホームラン1本でした。

 

原  そうですか!ありがとうございます。

 

 

副島 そして、三浦監督は矢野監督とも対戦されています。

 

三浦 たしか連続無失点記録を伸ばしている時、矢野監督から甲子園でタイムリーを打たれて、記録が途切れたのはすごく印象に残っています。

 

矢野 僕にとっては三浦監督は「嫌いなピッチャー」で、すごく抑えられたイメージがありますね。記録を止めたヒットも、たしか打球がベースに当たった「ラッキーヒット」です(笑)。

 

副島 みなさん現役時代のシーンをよく覚えてらっしゃるんですね!

 

原 ちなみに実は三浦監督は僕と初めて一緒にゴルフをした時、彼はホールインワンを出したんですよね。そういう点では、僕にとって相性が悪いといいますか、勝負所でとてつもない力を出す、要注意の監督さんだなと思っております。

投手出身監督あるある?

豊原 今回三浦監督が入ったことで、佐々岡さん、与田さん、高津さんと合わせてセ・リーグはピッチャー出身の監督が4人。これ、実は珍しいことじゃないかと思います。

 

副島 ちなみに「投手監督あるある」みたいなものはあるんでしょうか?

 

与田 やっぱりピッチャーには少し厳しくなるかもしれませんね。「しっかり投げろ」というね。早く育ってもらわないといけない、早く一人前になってほしいという気持ちがすごく強くなってきてしまうと思います。

 

豊原 成長を促すために先発ピッチャーを引っ張りがち、なんて事も聞きますが、佐々岡監督はその辺りいかがですか?

 

佐々岡 自分は現役時代に先発も抑えもやりましたが、先発はだいたい中6日空けるわけで、できるだけ長いイニング、可能なら完投してほしい気持ちがありますね。なので継投のタイミングは難しいところがあったと思いますね。

 

豊原 原監督はみなさんの話をどうお聞きになりましたか。

 

 高津監督も佐々岡監督も監督2年目ですから去年とは全然違うでしょうね。与田監督も3年目、もう円熟期ですからすべてをわかっているわけでね。非常に警戒しながら聞いております。

 

副島 「円熟期」という言葉がありましたけど、与田さんいかがですか。

 

与田 いやいや、まだまだです(笑)。でも私が初めて監督になったとき、セ・リーグの監督でも年齢が下の方だったんですよ。それが今では原監督の次に年長になりました。どんどん若い監督にプレッシャーをかけられていますよ(笑)。

開幕戦、相手のここに警戒!

今回の座談会は、セ・パ共に一つのテーマについて深掘りして聞いていく形式。そのテーマとは、

 

「相手チームのここに警戒」。

 

 

3月26日からの開幕カード、「巨人×DeNA」、「ヤクルト×阪神」、「広島×中日」。それぞれの対戦相手の警戒ポイントを、監督たちには事前にあげてもらいました。その内容は以下の通り。

巨人・原監督⇒DeNAの「機動力・スモールBB(田中俊太)」に警戒

DeNA・三浦監督⇒巨人の「そつのない野球」に警戒

ヤクルト・高津監督⇒阪神の「佐藤輝明選手」に警戒

阪神・矢野監督⇒ヤクルトの「打線(村上)」に警戒

広島・佐々岡監督⇒中日の「高橋周平」に警戒

中日・与田監督⇒広島の「集中力」に警戒

 

次の記事から、それぞれの対戦ごとに警戒ポイントに挙げた理由や、他球団からの意見をざっくばらんに話していただきます!

まずは昨シーズンの王者・巨人とDeNAの対戦に注目!新監督になったDeNAの変化を、原監督はどう見ている?以下のリンクからご覧ください!

 

巨人×DeNAの記事はこちら

ヤクルト×阪神の記事はこちら

広島×中日の記事はこちら

 

サタデースポーツ/サンデースポーツ

関連キーワード

関連トピックス

最新トピックス

RANKING人気のトピックス

アクセス数の多いコンテンツをランキング形式でお届け!