NHK sports

2012年ロンドン五輪 再分析でドーピング違反 新たに73件確認

2012年ロンドン五輪 再分析でドーピング違反 新たに73件確認

オリンピックなどのドーピング検査を行うITA=国際テスト機関は5日、2012年のロンドンオリンピックで採取した検体を再分析した結果、新たに73件の違反を確認したと発表しました。


ITAの発表によりますと、国や地域別で最も多く違反が見つかったのは、ロシアで21件、次いでベラルーシが11件で、日本の違反は確認されなかったということです。

また、競技別ではウエイトリフティングが最も多く38件、次いで陸上が28件でした。

この結果、31個のメダルが剥奪され、46個のメダルが再配分されたということです。


関連ニュース

関連特集記事