NHK sports

井上尚弥と対戦 バトラー来日 プロボクシング4団体王座統一戦

その他のスポーツ 2022年12月6日(火) 午後3:53
井上尚弥と対戦 バトラー来日 プロボクシング4団体王座統一戦

今月13日に行われるプロボクシングバンタム級の4団体王座統一戦で、3団体統一チャンピオンの井上尚弥選手と対戦するWBOチャンピオンのポール・バトラー選手が来日し「いちばん大きなチャレンジになる試合だ」と意気込みを話しました。


12月13日に東京の有明アリーナで行われるバンタム級の4団体王座統一戦は、WBA=世界ボクシング協会、WBC=世界ボクシング評議会、IBF=国際ボクシング連盟の3団体統一チャンピオンの井上選手と、WBO=世界ボクシング機構のチャンピオンでイギリスのバトラー選手が対戦します。

試合に向けて、6日朝に来日したバトラー選手は、羽田空港で取材に応じ、「詳しいことは伝えられないが、いい準備ができたと思う。バンタム級でいちばん大きなチャレンジになる試合だと思っている」と意気込みを話しました。

そして、「ほとんどの準備は来日前にしてきたので、簡単な調整をして試合に臨むだけだ」と話しました。

34歳のバトラー選手はスピードを生かした多彩な攻めが持ち味です。

ことし4月、WBOチャンピオンだったジョンリール・カシメロ選手に挑む予定でしたが、カシメロ選手の規定違反で試合が中止となり、代わりに開催されたWBO暫定王座決定戦で勝って、暫定チャンピオンになりました。

そして、5月にカシメロ選手の王座が剥奪され、正式にWBOチャンピオンに昇格しました。

主要4団体王座統一は、バンタム級で世界初となる偉業で、井上選手とバトラー選手のどちらがボクシング界の歴史を塗り替えるか、注目が集まります。


関連キーワード

関連ニュース

関連特集記事