NHK sports

ワールドカップ 史上初ベスト8目指し各地でエール 高まる期待

サッカー 2022年12月5日(月) 午後7:04
ワールドカップ 史上初ベスト8目指し各地でエール 高まる期待

サッカーのワールドカップカタール大会の決勝トーナメントの1回戦で、6日午前0時からクロアチアと対戦する日本代表。史上初のベスト8進出に向けて、各地で期待が高まっています。

ラッコが占った勝敗は?


福岡市東区にある水族館「マリンワールド海の中道」の15歳のラッコ、リロは、サッカーワールドカップカタール大会で日本戦の勝敗を予想しています。

飼育員がプールに投げた2色のフライング・ディスクのうち赤を選べば日本、白を選べば相手が勝利という方法で勝敗を占います。

リロは1次リーグの第1戦、ドイツ戦では赤を選び、日本、勝利の予想を的中させ、第3戦、スペイン戦では、赤、白の両方を選び、格上相手に引き分け、勝ち点を獲得すると予想しました。



リロは5日午後、クロアチア戦を前に勝敗を占いました。予想の前、リロはプールの片隅で頭を抱え、悩んでいる様子もみられました。



しかし予想の段階になると、リロは迷わず赤のディスクを選んで、飼育員のもとに届け、予想は日本勝利、日本サッカー史上初のベスト8進出です。

飼育員の橘みゆきさんは「リロは投げる直前から赤のディスクを取りに行こうと動き出していたので、意思の強さを感じました。私もリロと同じ気持ちで日本を応援したいです」とエールを送っていました。


母校では寄せ書き


日本代表の田中碧選手と三笘薫選手の母校、川崎市宮前区の有馬中学校では、生徒たちが2人への応援メッセージを書き込みました。

中学校では学校内の掲示板に「田中碧先輩 三笘薫先輩 応援しています」と書かれた縦1.5メートル、横3メートルほどの白いシートが貼られました。



応援メッセージを書き込めるようになっていて、生徒たちは「決勝ゴールを決めてください」とか「ベスト8目指して頑張ってください」など、クロアチア戦への期待を込めて次々と書き込んでいました。



サッカー部に所属する中学2年生の男子生徒は「地元でJリーグの試合を見ていたころから2人は憧れの存在でした。2人でのゴールにまた期待したいです」と話していました。



当時2人の体育の授業を担当していた小松直子 教諭は「体育の授業でも、仲間に楽しんでもらいたいという思いが強い2人でした。夢のワールドカップを最後まで思う存分、楽しんでもらいたい」と話していました。


地元の商店会ではカツサンド


地元も応援しています。川崎市宮前区の「さぎ沼商店会」は三笘選手と田中選手を「鷺沼兄弟」と呼んで応援していて、クロアチア戦ではパブリックビューイングを行うことにしています。

5日昼すぎ、会場のスポーツジムでは、商店会のスタッフが大型のスクリーンを運び込んだり「鷺沼から世界へ」と書かれたフラッグを掲げたりして準備を進めていました。



地元のとんかつ店から準備するスタッフにカツサンドの差し入れがあり、スタッフたちは「絶対カツぞ!」と意気込んでいました。

パブリックビューイングは、定員50人で、先着順で入場を受け付けるということです。

「さぎ沼商店会」 の菅原一夫 会長は「2人はこの地域の誇りで、感謝しかないです。試合では、スペイン戦のように2人が連携したゴールが見たいです。地域一帯で盛り上げて、ぜひベスト8に勝ち進んでもらいたい」と話していました。


八咫烏(やたがらす)のお守りでエール


京都市左京区にある「京都熊野神社」は、まつっている神様の使いが日本サッカー協会のシンボルマークになっている3本足の伝説の鳥、「八咫烏(やたがらす)」です。



これにちなんで神社では、日本代表のユニフォームに使われているエンブレムをデザインした、日本サッカー協会公認のお守りを25年ほど前から用意してきました。

お守りはサムライブルーの青や白を基調として「八咫烏」の刺しゅうがほどこされていて、ワールドカップの開幕とともに求める人が増えているということです。



大阪市から娘と訪れた50代の女性は「娘と一緒にお互いが好きな選手のユニフォームを着て、応援します」と話していました。

また娘の10代の女性は「お守りがほしくて神社に来ました。クロアチア戦に勝ち、さらには優勝もしてほしいです」と話していました。


母校 サッカー部の監督からもエール


ミッドフィルダーの伊東純也選手の母校のサッカー部からもエールが送られました。伊東選手は神奈川県横須賀市出身で、神奈川大学のサッカー部に入部しました。



高校時代の伊東選手をサッカー部にスカウトしたのは、今、監督を務める大森酉三郎さんで、技術の高さやスピードの速さに驚いたといいます。



(神奈川大学サッカー部 大森酉三郎 監督)
「スピードやしなやかさなどに一瞬で目を奪われて、ほかの選手とは違うなと感じた。当時はまだ足りないところもたくさんあったが、今は、チームのために献身的なプレーが目立ち、人間性の成長も感じます。スペイン戦の1点目のように自分の得点以外にも泥臭くプレーに関わる姿勢が見られ、チームの勝利に貢献できていてうれしい。もちろん得点してくれればうれしいが、これまでの試合のように試合開始から終わるまでチームのために泥臭いプレーを続けてほしいです」


現地でも高まる期待


試合が行われる5日、ドーハ中心部にある観光スポットの市場には、午前中から日本のユニフォームを着たサポーターの姿が見られ、初のベスト8進出を期待する声が聞かれました。

日本の初戦から現地で観戦しているという女性は「決勝トーナメントに進んだので会社に休みの延長を申請した。絶対に勝って欲しい」と話していました。

また、この日の朝カタールに着いたという4人組の男性は「三笘薫選手が切り込んでチャンスを作ってくれると思う。簡単ではないが勝ってベストエイトを決めて欲しい」と話していたほか、中学1年生の男の子は、「堂安律選手がこれまでもシュートを決めてくれたので、きょうも決めて欲しい」と期待していました。

日本代表のエンブレムの入った着物を着た女性は「三笘選手と田中碧選手の幼なじみコンビに期待していてきょうも決めてくれると思う。2対1で勝って欲しい。試合後に帰るが、ブラジルとの準決勝になればまた応援に来たい」と話していました。


関連キーワード

関連ニュース

関連特集記事