NHK sports

全日本実業団選手権 女子100mハードル 福部真子が日本新で優勝

陸上 2022年9月25日(日) 午後6:13
全日本実業団選手権 女子100mハードル 福部真子が日本新で優勝

岐阜市で行われた陸上の全日本実業団選手権の女子100メートルハードルで、福部真子選手が自身の日本記録を100分の9秒更新する12秒73の日本新記録をマークして優勝しました。


岐阜市で行われた陸上の全日本実業団選手権は、25日が最終日で、女子100メートルハードルの決勝には日本記録保持者の福部選手が出場しました。



ことし7月の世界選手権で12秒82の日本記録を出している福部選手は、追い風1.1メートルの中、スタートから飛び出してトップでフィニッシュし、自身の記録を100分の9秒更新する12秒73の日本新記録をマークしました。

これで福部選手は、来年の世界選手権の参加標準記録も突破しました。



また、女子200メートルは、兒玉芽生選手が23秒49の大会新記録で優勝し、予選で日本歴代2位の好タイムをマークし、決勝も制した100メートルに続き短距離2冠に輝きました。

女子5000メートルに出場した田中希実選手は14分58秒60のタイムで2位となり、23日の1500メートルに続いての優勝はなりませんでした。

優勝はテレシア・ムッソーニ選手でした。


関連キーワード

関連ニュース

関連特集記事