NHK sports

今季で引退のプーホールズ 大リーグ通算700号 史上4人目

MLB 2022年9月24日(土) 午後3:47
今季で引退のプーホールズ 大リーグ通算700号 史上4人目

大リーグで今シーズンかぎりでの引退を表明しているカーディナルスのプーホールズ選手がドジャース戦で2本のホームランを打ち、史上4人目となる通算700ホームランを達成しました。


42歳のプーホールズ選手は23日、相手の本拠地で行われたドジャース戦に2番・指名打者で出場し、3回の第2打席に今シーズン20号のツーランホームランを打ち、通算ホームラン数を699本としました。



さらに続く4回、2アウト一塁二塁で迎えた第3打席で左中間スタンドに2打席連続となる21号スリーランを打ち込み、現役を引退するシーズンの大詰めに大リーグ史上4人目となる通算700ホームランの偉業を達成しました。

歴代1位の762本を打ったバリー・ボンズ、755本のハンク・アーロン、そして714本のベーブ・ルースに続く大台到達にドジャースタジアムの観客は総立ちとなって大歓声で祝福し、プーホールズ選手も笑顔で応えていました。

プーホールズ選手はドミニカ共和国出身で2001年にカーディナルスでデビューし、打率3割、ホームラン30本、100打点以上を10年連続でマークしました。

2012年からはエンジェルスで10シーズンプレーして大谷翔平選手ともおよそ3年半チームメートで、ドジャースをへて今シーズン、古巣のカーディナルスに復帰してシーズン終了後の引退を表明していました。

プーホールズ選手は通算ヒット数は歴代10位の3377本、通算打点は歴代3位の2208打点をマークしています。


関連キーワード

MLB

関連ニュース

関連特集記事