NHK sports

ラグビー リーグワン 初代チャンピオンはパナソニック

ラグビー 2022年5月29日(日) 午後11:11
ラグビー リーグワン 初代チャンピオンはパナソニック

ラグビー、リーグワンのプレーオフトーナメントの決勝が29日、国立競技場で行われ、パナソニックが18対12でサントリーに勝って優勝しました。


ラグビーのリーグワンは日本代表の強化や地域密着型の運営を目指して去年までのトップリーグを刷新して今シーズンから始まったリーグです。

29日はサントリーとパナソニックによるプレーオフトーナメントの決勝が行われ、会場の国立競技場にはリーグワンとして最多となる3万3604人の観客が訪れました。

去年、トップリーグの決勝でも対戦しているチーム同士の試合は前半、サントリーがリーグ戦の得点王、ダミアン・マッケンジー選手のペナルティーゴールで先制しましたが、その後パナソニックは山沢拓也選手のペナルティーゴールで追いつくと、マリカ・コロインベテ選手のトライなどで逆転し、10対3とリードしました。

後半、パナソニックはサントリーのマッケンジー選手に立て続けにペナルティーゴールを決められ1点差に迫られる場面もありましたが、33分にディラン・ライリー選手のトライなどで突きはなして18対12で勝ち、リーグワンの最初のシーズンのチャンピオンに輝きました。


パナソニック 坂手主将 「チームのみんなを誇りに思う」


キャプテンの坂手淳史選手は「最後の1秒までどちらに転ぶかわからないような試合で、接点やセットプレーのすべてがタフだった。サントリーのプレッシャーがすごかったなかで勝つことができ、チームのみんなを誇りに思う」と試合を振り返っていました。
パナソニックは今シーズンから本拠地を埼玉県の熊谷市に移転して活動していますが、これについて「多くのファンが練習を見に来てくれてホームタウンのよさを毎日感じている。熊谷の人たちに優勝という結果を持ってかえれることはうれしい。たくさんの応援に対し少し恩返しができたと思う」と話していました。


パナソニック 稲垣「最高の環境でプレー ファンのおかげ」


パナソニックの稲垣啓太選手は「シーズンを通して調整が難しかったが、最後にいい形で締めくくることができて最高だ。80分間を通して相手にプレッシャーをかけることをテーマに臨み、それが遂行できた。初めての国立競技場で最高の環境でプレーできたのはファンの皆さんのおかげだと思う」と話していました。


パナソニック 堀江 仲間に感謝


また、堀江翔太選手は「相手が自分たちのディフェンスに対して嫌がっていたのは見えていた。それをペナルティーをせずにやり続けられたことが非常に大きかった。気持ちが出過ぎることなく、個々が自分たちの技術を発揮できた」と振り返っていました。
そして優勝したことについては「試合に出られなかった選手たちが泣いてくれたのがうれしかった。試合に出られないなかでもモチベーション下げずに一緒に練習してくれたメンバーがいたからこういう結果につながった」と仲間に感謝していました。


パナソニック 堅守で初代チャンピオンに


パナソニックは、持ち味の堅い守備でリーグ戦で最多得点をマークしたサントリーに1つのトライも許さず大一番を制しました。

パナソニックは序盤、スタンドオフの山沢拓也選手を中心にキックをうまく使いながら失点の危険があるエリアへの侵入を阻みました。

7点リードの前半終了間際にはリーグ戦の得点王、サントリーのダミアン・マッケンジー選手にわずかなスペースを突破されトライを奪われそうになりましたが山沢選手がタックルを仕掛けるなど球際の強さも見せました。

さらに大きかったのが反則の数を抑えたことです。この試合での反則は「6」と相手の「8」よりも少なくとどめました。

キックの名手、マッケンジー選手がいるサントリーに対しては反則によるペナルティーゴールで失点がかさむ危険などがありますがこのリスクも最小限に抑えました。

日本代表経験もある稲垣啓太選手は「反則を少なくして80分を通してプレッシャーをかけられた」と話していました。

一方、敗れたサントリーのマッケンジー選手はパナソニックの守備について「チャンスを作れなかったわけではないが、最後にとりきることができなかった」とわずかな差が勝敗をわけたと振り返りました。

パナソニックはリーグ戦で培ってきた守備力の高さで接戦をものにしリーグワンの初代チャンピオンの座をつかみました。


パナソニック 優勝までの軌跡


パナソニックは群馬県太田市から埼玉県熊谷市に本拠地を移転して新たなスタートを切りました。

しかし、リーグが開幕したことし1月、チームに新型コロナウイルスの感染者が出た影響で開幕戦から2試合続けての不戦敗からのスタートとなりました。

それでもその後、“笑わない男”稲垣啓太選手や堀江翔太選手などワールドカップを経験している選手たちが引っ張り、以降のリーグ戦で14連勝と圧倒的な強さを見せました。

選手層の厚さを生かした組織的な守備が持ち味で、リーグ戦の失点数はディビジョン1の12チームで2番目の少なさでした。

パナソニックは結局、開幕から2試合連続での不戦敗以降は一度も敗れることなくリーグワンの初代チャンピオンに輝きました。


サントリー 中村主将「悔しいがチームがひとつに」


敗れたサントリーのキャプテン、中村亮土選手は「相手のディフェンスがプレッシャーをかけてくることはわかっていたが、そのなかで敵陣に入ってのアタックが少なくなってしまった」と振り返りました。

そのうえで「結果は悔しいが、リーグ戦を通してチームが成長してひとつになった。チームの選手やスタッフを誇りに思う。きょうは大勢の観客のなかでプレーすることができてモチベーションが上がった。来シーズンはリーグをさらに盛り上げたい」と話していました。


関連キーワード

関連ニュース

関連特集記事