NHK sports

サッカー日本代表 森保監督 来月の強化試合へ意気込み

サッカー 2022年5月17日(火) 午後2:44
サッカー日本代表 森保監督 来月の強化試合へ意気込み

サッカー、ワールドカップカタール大会の開幕までまもなく半年となるのを前に、日本代表の森保一監督がオンラインで取材に応じ「来月の強化試合でチームのレベルアップをめざし戦術浸透をできるだけ進めていきたい」と意気込みを語りました。


サッカーのワールドカップカタール大会はことし11月21日に開幕し、今月21日で半年前を迎えます。

17日は日本代表の森保監督がオンラインで取材に応じ「あと半年しかないが、与えられた時間のなかで、できるかぎりのことをしていきたい」と大会が迫った今の心境を語りました。

日本は今後、来月2日から14日にかけて世界ランキング1位のブラジルなどと国内で4試合の強化試合を予定しています。

これについて森保監督は「試合を戦っていく中でチームのレベルアップと戦術浸透をできるだけ進めていきたいと思っている。前回のワールドカップが終わってチームが積み上げてきたものを自信にしながら、さらに上積みをして大会に向かっていきたい」と話しました。

特に来月6日に対戦するブラジルがエースのネイマール選手などを今回のメンバーに入れていることなどを受けて「もうワールドカップ本番をにらんでチーム作りをしているなと思っている。準備と選考という部分で生き残りがかかっていて必死に戦ってくると思う。われわれもそのときのベストで臨み、ホームで勝てるように準備していきたい」と意気込んでいました。

一方でメンバーについては「これまで招集していない選手を招集していくというのは確率的には少し低くなると思う」とこれまでに招集した選手を中心に選考する意向を重ねて示しました。


関連キーワード

関連ニュース

関連特集記事