NHK sports

ワリエワ出場継続 IOC メダル授与式行わないことに理解求める

ワリエワ出場継続 IOC メダル授与式行わないことに理解求める

北京オリンピック、フィギュアスケートの有力選手、カミラ・ワリエワ選手のドーピング違反をめぐり、CAS=スポーツ仲裁裁判所が出場の継続は妥当だとする判断を示したことについて、IOC=国際オリンピック委員会は15日の記者会見で「適切な人に適切なメダルを授与したい」と述べ、メダルの授与式は問題が解決するまで行わないことへの理解を求めました。


今月7日のフィギュアスケート団体で金メダルを獲得したROC=ロシアオリンピック委員会の15歳、ワリエワ選手について、選手のドーピング検査を担う国際テスト機関は、去年12月のドーピング検査で禁止薬物の陽性反応が出たと発表しました。

ワリエワ選手はいったん資格停止処分となったものの、その後、処分は解除されて、オリンピックに出場していました。

この決定を不服としてIOCなどは申し立てを行いましたが、CASは14日、15歳のワリエワ選手はWADA=世界アンチドーピング機構の規程では「要保護者」にあたり、制裁が低く定められていることなどから、申し立てを却下し、出場の継続を認める判断を示しました。

これについて、IOCのデニス・オズワルド規律委員長は15日行われた記者会見で「CASの判断は尊重しないといけない。ただ今回の判断は出場継続についてで、ドーピング違反の最終的な結論は出ていない。15歳が1人でドーピング違反はしないので、周辺の人にも調査が行われる」と述べました。

そのうえで、フィギュアスケート団体のメダル授与式が問題が解決するまでは行われず、女子シングルでもワリエワ選手が上位3位に入った場合、授与式が行われないことについて「適切な人に適切なメダルを授与したい。残念だがバランスの問題だ。明確に状況がわかってから行ったほうがいい」と述べて、理解を求めました。

またオズワルド委員長は、記者会見のあと、ワリエワ選手側が、禁止薬物の陽性反応は彼女の祖父が摂取しているものによって起きたと主張していることを明らかにしました。


関連ニュース

関連特集記事