NHK sports

ジャンプ 高梨沙羅 スーツ規定違反 高地での調整に難しさが

オリンピック スキー パラリンピック 2022年2月8日(火) 午前5:22
ジャンプ 高梨沙羅 スーツ規定違反 高地での調整に難しさが

北京オリンピックスキージャンプ混合団体の1回目、日本の1人目を飛んだ高梨沙羅選手は、100メートルを超える大ジャンプをしましたが、その後、ジャンプスーツの規定違反で失格となりました。

高梨 涙流しながら「申し訳ございません」と繰り返す


高梨沙羅選手は失格とわかったあと関係者に付き添われて取材エリアを通った際に涙を流しながら「申し訳ございません」と繰り返し述べて、深く頭を下げていました。


2回目は98メートル50を飛ぶ


高梨選手は2回目のジャンプで、98メートル50を飛んで着地すると口に両手を当てて、ゴーグルの奥に見えた目は涙ぐんでいる様子でした。
そして、すぐにしゃがみ込んだあと立ち上がると中継のカメラに向かってしばらく深々と頭を下げていました。


「NHの時と同じスーツだが太もも周りが2センチ大きかった」


ジャンプ女子日本代表の鷲澤徹コーチは高梨沙羅選手のスーツの規定違反について「太もも周りが2センチ大きかった。オリンピックなのでスーツもギリギリを攻めている。1回目で着ていたスーツは、ノーマルヒルの試合で着ていたのと同じスーツだ」と説明しました。

そのうえで「この会場は、非常に乾燥しているので体内の水分が微妙に影響したのかもしれない」と話していました。

混合団体で1回目を飛んだあとに失格となった高梨選手は、別のスーツに着替えて2回目を飛んだということです。


スーツの規定違反で5選手が失格に


混合団体では日本の高梨選手をはじめ、スーツの規定違反で失格となった選手が相次ぎ、今大会の新種目は波乱の展開となりました。

失格になったのは1回目では日本の1人目の高梨選手のほか、オーストリアの1人目のダニエラ イラシュコ・シュトルツ選手、ドイツの3人目で女子ノーマルヒルで銀メダルを獲得したカタリナ・アルトハウス選手、2回目ではノルウェーの1人目のアンナ オディーネ・ストロン選手と、3人目のシリエ・オップセット選手でした。


高地での調整に難しさが


試合が行われたジャンプ台は、標高1650メートルの地点にあり、1回目のジャンプが行われた午後8時ごろの気温はマイナス10度ほどで、湿度は38パーセントでした。ジャンプ台付近は、厳しい寒さの上、空気は乾燥していました。

日本代表の横川朝治コーチによりますと、このジャンプ台は空気が薄く浮力も得にくいため、スーツの大きさが飛距離に影響を与えやすく、メダルを争う強豪が規定ギリギリのスーツを着用するケースが多いということです。

日本選手の場合は、試合前の筋力トレーニングで筋肉が張った状態にした上でスーツを着て出場するということですが、空気が乾燥していて体内の水分が放出されやすく、寒さで筋肉が縮みやすくなったと分析しています。

横川コーチは「選手は何もわからないでスタートしている。ちゃんと合わせられなかったスタッフのミスだ」と話していました。

宮平秀治コーチは、現地での調整について「標高とともに気温も低く、体重の維持が難しい。水を飲んだりして体重を維持できるよう対処している」と難しさを説明しました。

伊藤有希選手も「体重が落ちて調整が難しかった」と振り返りました。


国際スキー連盟「ほとんどの選手が検査」


国際スキー連盟の吉田千賀レースディレクターは、NHKの取材に対し「測り方はいつもと一緒だ。スーツが個人戦のノーマルヒルと同じでも、その時に何を抜き打ちで検査されたかはわからない。選手によってはオリンピック仕様で新しいスーツを着ている場合もあるし、トップ選手は規定のギリギリのところまで攻めるスーツを着ているので、違反が出たのではないか」と分析しました。

そのうえで「個人戦でなく団体戦で、かぎられた10チームの選手だけなので、抜き打ちといってもほとんどの選手が検査されたため、多くの規定違反が出たのではないか」と種目が混合団体だったことも影響し、規定違反が相次いだとの見方を示しました。


最後のジャンプを見守ったその時は


1回目にスーツの規定違反で失格となった高梨沙羅選手は、日本の2回目、最後に飛んだ小林陵侑選手のジャンプを見守り、小林選手が106メートルの大ジャンプをすると手を2、3回たたいてしゃがみこみました。そして前に倒れ込みそうになりながら胸に手を当てていました。

しかし、最終順位が4位と確定したあとは日本の3人目の伊藤有希選手に抱きかかえられるような状態で、顔をその胸にうずめたまま、上げることが出来ない様子が見られました。


関連ニュース

関連特集記事