NHK sports

大相撲初場所 御嶽海に技能賞 殊勲賞に阿炎 敢闘賞に琴ノ若

相撲 2022年1月23日(日) 午後7:05
大相撲初場所 御嶽海に技能賞 殊勲賞に阿炎 敢闘賞に琴ノ若

大相撲初場所の三賞選考委員会が開かれ、3回目の優勝を果たした関脇 御嶽海が技能賞に選ばれました。


初場所の三賞選考委員会は千秋楽の23日、東京 両国の国技館で開かれ、13勝2敗で3回目の優勝を果たした関脇 御嶽海が技能賞に選ばれました。

今場所の御嶽海は落ち着いて前に出る相撲で白星を重ね、ただ一人、中日8日目で勝ち越しを決めるなど優勝争いを引っ張ってきました。御嶽海は今場所の活躍に加えて、脇を固めてタイミングよく前に出る技術の高い相撲が評価され、技能賞に選ばれました。
御嶽海は3回目の技能賞受賞です。



殊勲賞には前頭6枚目の阿炎が初めて選ばれました。
阿炎は22日の14日目に横綱 照ノ富士に土をつけて、千秋楽まで3敗を守り、優勝争いの中での活躍が評価されて殊勲賞に選ばれました。
殊勲賞を獲得した阿炎は「うれしいです」と心境を話した上で、御嶽海が2敗を守って優勝決定戦がなくなったことを問われて「本音を言えばそのチャンスもあったのかなと思う」と話しました。

そして、12勝をあげた今場所を振り返り、「自分を出し切ることが出来たのでよかった。次の場所に向けてしっかり調整していきたい。何番かは出し切れなかったと思う相撲があったので、そういうのがないように一番、一番集中して取っていけたらいい」と話していました。



敢闘賞には前頭14枚目の24歳、琴ノ若が選ばれました。琴ノ若は千秋楽まで優勝争いに加わり、奮闘したことが評価されました。
琴ノ若は2回目の敢闘賞受賞です。
琴ノ若は、阿炎との3敗どうしの一番に敗れたあとのインタビューで「もう少し先に攻められればよかった。勝って終わりたかったが、引きずってもしかたがない。受賞できたことは素直にうれしい」と話しました。
そのうえで「自分のやることは場所でやりきったと思うので、来場所につながるように稽古をし直して、来場所に向けて頑張りたい」と気持ちを切り替えていました。


関連キーワード

関連ニュース

関連特集記事