NHK sports

フィギュア四大陸選手権 アイスダンス村元高橋組は2位

フィギュアスケート 2022年1月22日(土) 午前7:46

エストニアで開かれているフィギュアスケートの四大陸選手権は21日、アイスダンス後半のフリーダンスが行われ、村元哉中選手と高橋大輔選手のカップルが2位に入りました。


フィギュアスケートの四大陸選手権はヨーロッパを除くアジアやアメリカなどの地域の選手が出場する大会ですが、北京オリンピックの代表に内定している日本選手は新型コロナの新たな変異ウイルス、オミクロン株の感染拡大によるリスクを避けるために出場していません。

21日にアイスダンス後半のフリーダンスが行われ、前半2位の村元選手と高橋選手のカップルはスピンと3つのリフトで最高評価のレベルフォーを獲得して109.48、前半のリズムダンスとの合計181.91で2位に入りました。

優勝は、アメリカのキャロライン・グリーン選手とマイケル・パーソンズ選手のカップルで、合計200.59でした。

また、男子シングルは前半のショートプログラムが行われました。

日本勢は友野一希選手が2本の4回転ジャンプを決めて自己ベストを更新し、97.10で2位、三浦佳生選手も2本の4回転ジャンプを成功させ、自己ベストを12点近く更新する88.37で3位、三宅星南選手も自己ベストを9点以上更新する79.67で5位でした。

トップに立ったのは韓国のチャ・ジュナン選手で98.96でした。

後半のフリーは23日に行われます。


関連キーワード

関連ニュース

関連特集記事