NHK sports

日本バレーボール協会 虚偽診断書問題“隠蔽”で会長を解職へ

バレーボール 2022年1月13日(木) 午後11:35
日本バレーボール協会 虚偽診断書問題“隠蔽”で会長を解職へ

日本バレーボール協会はおととし、ビーチバレーの選手が国際大会を欠場した際に担当役員が虚偽の診断書を作成した問題で、嶋岡健治会長を事実を知りながら隠蔽したとして解職することを決めました。


この問題はおととし1月、イランで行われたビーチバレー男子の国際大会を欠場するとしていた日本のペアについて日本バレーボール協会が定められた期限内に手続きを行わず、担当役員の指示のもと、選手に罰則が科されるのを避けるために選手がけがをしたという虚偽の診断書を作成したものです。

協会は去年11月に弁護士3人で構成する第三者委員会を立ち上げて事実関係などを調べ、先月、調査報告書が提出されました。

これを受けて協会は、13日開かれた理事会で関係者4人の処分を決定し、このうち嶋岡会長は診断書の偽造が行われたことを知りながら事実を隠蔽したとして会長の職を解かれることになりました。

このほか、嶋岡会長とともに事実を知りながら隠蔽した高野和弘事務局長を解任、鳥羽賢二理事を辞任勧告処分、診断書の偽造を指示した小田勝美ビーチバレー強化部長を解任しました。

バレーボール協会では来年度からの新体制の発足を目指し、今後、会長や事務局長の選任を行うということです。


関連キーワード

関連ニュース

関連特集記事