NHK sports

ジョコビッチ 渡航前の申告に誤り 豪政府 近く対応を判断か

テニス 2022年1月12日(水) 午後5:34
ジョコビッチ 渡航前の申告に誤り 豪政府 近く対応を判断か

テニス男子シングルス世界ランキング1位のノバク・ジョコビッチ選手が、新型コロナワクチンの接種をめぐりオーストラリアへの入国を拒否された問題で、ジョコビッチ選手は渡航前の申告に誤りがあったとして、オーストラリア政府に追加の情報を提出したことを明らかにしました。 政府は現地の裁判所から選手の入国を認めるよう命じられていて、近く最終的な対応を判断するものと見られます。


ジョコビッチ選手は、今月17日に開幕する全豪オープンに出場するため5日、メルボルンの空港に到着したところ、入国を拒否されました。

ジョコビッチ選手は先月、新型コロナに感染したことから、ワクチン接種の免除が認められたと大会主催者から連絡を受けたと主張し、これに対してオーストラリア政府は、感染歴だけを理由にした免除は認められないとしていましたが、現地の裁判所は10日、政府の対応には合理性がないとして、入国を認めるよう命じました。

ただ、現地メディアは、ジョコビッチ選手が渡航前にオンラインで提出した申告に「過去14日間に第三国に滞在していない」という虚偽の内容があったと報じ、入管担当の閣僚もビザを再び取り消す可能性を示唆しています。

これについてジョコビッチ選手は12日、SNSに投稿し「スタッフが代理で提出し、人為的なミスだった」と弁明するとともに、政府に追加の情報を提出したことを明らかにしました。

大会4連覇を目指すジョコビッチ選手は、現地で練習を始めていますが、オーストラリア政府は、近く最終的な対応を判断するものと見られます。


関連キーワード

関連ニュース

関連特集記事