NHK sports

フィギュア五輪代表 河辺愛菜が練習公開「精いっぱい演技を」

フィギュア五輪代表 河辺愛菜が練習公開「精いっぱい演技を」

フィギュアスケートの女子シングルで北京オリンピック代表に内定した河辺愛菜選手が練習を公開し、「自分ができる精いっぱいの演技をしたい」と初出場の大会へ意気込みを語りました。


17歳の河辺選手は今シーズン、トリプルアクセルの精度を上げて急成長を遂げ、北京オリンピックの代表選考を兼ねた去年12月の全日本選手権で3位に入って初のオリンピック代表に内定しました。



11日は、京都府宇治市のリンクで練習の様子を報道陣に公開しトリプルアクセルの練習では、ジャンプに入るまでの流れを入念に確認していました。

また、最も力を入れて取り組んでいるという表現力の強化についてはコーチの指導を受けながら、ステップシークエンスの上半身の細かな振り付けを何度も繰り返して体に覚え込ませていました。



そして、練習が終わったあと、同じリンクで練習する仲間から応援メッセージが書き込まれた横断幕を贈られると笑顔を見せていました。

河辺選手は初のオリンピックに向けて「ワクワクしていて早く行きたいという気持ちが大きい。選手村でいろんなアスリートと会えるのが楽しみです」と笑顔で話していました。

そのうえで「浅田真央さんがソチ大会のフリーで決めたトリプルアクセルを見て自分も跳びたいと思った。自分も本番で跳べるよう頑張りたい。とにかく大会を楽しんで自分のできる精いっぱいの演技したい」と意気込みを語りました。


関連ニュース

関連特集記事