NHK sports

北京五輪開会式 “08年夏の大会より大幅縮小” 演出総監督

オリンピック パラリンピック 2022年1月10日(月) 午後3:29

来月4日に行われる北京オリンピックの開会式について演出の総監督に決まった映画監督のチャン・イーモウさんは、新型コロナウイルスの感染対策などを考慮して2008年の夏の北京大会より大幅に規模を縮小して行うことを明らかにしました。


北京オリンピック・パラリンピックの開会式と閉会式について大会の組織委員会は10日までに中国を代表する映画監督、チャン・イーモウさんが演出の総監督を務めると発表しました。

チャン監督は2008年に行われた夏の北京大会でも演出を務めていて、国営メディアの取材に対し「とても光栄で興奮している」と述べました。



そのうえで北京にある国家スタジアム、通称「鳥の巣」で来月4日に行われるオリンピックの開会式の出演者の数を、2008年の開会式の1万5000人から大幅に縮小して3000人程度にするとともに時間も1時間40分以内と、2008年の半分以下に短縮すると明らかにしました。

理由についてチャン監督は、新型コロナウイルスの感染対策や寒さなどを考慮したものだとしています。

北京オリンピックの開幕まで1か月を切る中、中国では北京に隣接する天津に続いて9日、内陸部・河南省でも新型コロナの変異ウイルス、オミクロン株の市中感染が確認され、当局が感染拡大に警戒を強めています。


関連ニュース

関連特集記事