ニュースその他のスポーツ

レスリング 五輪4連覇 伊調馨がコーチ就任 パリ五輪向け強化

2021-12-19 午後 09:45

  

日本レスリング協会は3年後のパリオリンピックに向けた新たな強化体制を発表し、オリンピック4連覇を果たした伊調馨選手が選手の精神的なサポートなどを担うコーチに就任しました。


日本レスリング協会は19日、都内で理事会を開き、3年後のパリオリンピックに向けた新たな強化体制を決めました。

それによりますと、オリンピック4連覇を果たした伊調選手が選手の精神的なサポートなどを担う「アントラージュ・コーチ」に就任しました。

37歳の伊調選手は拠点の日体大などで練習をしながら、女子の選手に指導をしています。

また新たな強化本部長に、前の強化副本部長でオリンピック2大会でメダルを獲得した赤石光生氏が就任しました。

赤石強化本部長は伊調選手について「オリンピックにも出場していて、選手が技術面や精神面で悩んだときに寄り添ってくれる存在だと思う」と期待を寄せていました。


関連キーワード

関連トピックス

最新トピックス