ニュース野球

ヤクルト 川端慎吾が推定年俸5000万円で契約を更改

2021-12-06 午後 08:45

  

プロ野球・ヤクルトで今シーズン、代打の切り札として復活し、日本一を決めた試合で決勝のタイムリーヒットを打った川端慎吾選手がいずれも推定で3000万円アップの年俸5000万円で来シーズンの契約を更改しました。


34歳の川端選手はチームが前回リーグ優勝した6年前に首位打者に輝いたあと腰のけがなどに悩まされが、今シーズンは代打の切り札として復活し、91試合に出場し、打率3割7分2厘をマークしました。

そして、20年ぶりの日本一を決めた日本シリーズの第6戦では、延長12回に代打で登場し決勝のタイムリーヒットを打ちました。

川端選手は6日、都内の球団事務所で球団と交渉し、推定で3000万円アップの年俸5000万円で来シーズンの契約を更改しました。

川端選手は「勝負の年だと思っていた。シーズン中盤からヒットが増えるにつれて『これはいけるぞ』という自信に変わっていった。腰の不安もなく、ことしはいい状態だった」と話しました。

来シーズンに向けては「先発メンバーで出たい気持ちが常にある一方、ずっと出続けることへの不安もある。もし誰かに何かがあったときは先発で出られる準備をしておきたい」と話していました。


関連キーワード

関連トピックス

最新トピックス