ニューステニス

女子テニス協会「中国の大会中止」 男子プロテニス協会が支持

2021-12-03 午後 0:27

  

ATP=男子プロテニス協会は2日、中国の前の副首相に関係を迫られたことなどを告白したあと、行方が分からなくなったと伝えられている女子テニス選手をめぐり、香港を含む中国での大会を中止するとしたWTA=女子テニス協会の決定を支持する声明を発表しました。


女子プロテニス選手で中国の彭帥選手をめぐっては、共産党最高指導部のメンバーだった張高麗前副首相から性的関係を迫られたことなどを告白したとされる文書がSNS上に投稿され、その後、行方が分からなくなったと伝えられています。

WTAでは1日、彭選手の安全の確保や透明性の高い調査が十分になされていないなどとして、香港を含む中国でのすべての大会を中止にすることを明らかにしました。

これを受けて、ATPのアンドレア・ガウデンツィ会長は2日、公式ホームページで声明を発表し「彭帥選手が巻き込まれた状況は、テニス界の内外で深刻な懸念を引き起こし続けている。こうした懸念への対応は、これまでのところ不十分だ」としています。

そして「彼女の状況をより明確に把握するために、選手とWTAが直接、対話の糸口をつかむことを再度強く要請する」として、WTAの今回の決定を支持するとともに、WTAと彭選手が直接対話できる環境が必要だとする考えを示しました。


関連キーワード

関連トピックス

最新トピックス