ニュース野球

シャーザー メッツと3年 148億円で合意 年俸平均で史上最高額

2021-11-30 午前 11:35

  

大リーグ、ドジャースからFA=フリーエージェントとなっていたシャーザー投手が、メッツと3年契約で合意したとアメリカの複数のメディアが伝えました。年俸の平均は日本円でおよそ49億3000万円で、大リーグ史上最高額と伝えられています。


37歳のシャーザー投手は、シーズンの最優秀投手賞に当たるサイ・ヤング賞をこれまでに3回受賞している大リーグを代表する先発投手で、今シーズンはナショナルズとドジャースでプレーして、合わせて15勝4敗、防御率2.46の成績でした。

シーズン終了後にFAとなり去就が注目されていましたが、アメリカの複数のメディアは29日、シャーザー投手がメッツと3年契約で合意したと伝えました。

契約は3年総額で1億3000万ドル、日本円でおよそ148億円と伝えられ、年俸の平均額、およそ49億3000万円は大リーグ史上最高額だということです。

5年連続でプレーオフ進出を逃しているメッツは、去年オーナーに就任した投資家のスティーブン・コーエン氏が豊富な資金力で補強を進めていて、シャーザー投手の加入によって、来シーズンはサイ・ヤング賞を2回獲得しているデグローム投手とともに、大リーグを代表する先発投手が2人そろう形になりました。

シャーザー投手は、ことしのオールスターゲームで先発してエンジェルスの大谷翔平選手と対戦していて、大谷選手は今シーズン印象に残った相手としてシャーザー投手を挙げています。


関連キーワード

関連トピックス

最新トピックス