ニュース相撲

大相撲九州場所 横綱 照ノ富士と大関 貴景勝 ともに7連勝

2021-11-20 午後 08:23

  

大相撲九州場所は7日目。横綱・照ノ富士と大関・貴景勝はともに勝って、初日から7連勝としました。


中入り後の勝敗です。

天空海に魁聖は天空海が寄り切りで勝ちました。

松鳳山に千代の国は千代の国が押し出し。

輝に佐田の海は佐田の海が寄り切り。

豊山に千代丸は千代丸が引き落とし。

阿炎に北勝富士は北勝富士がはたき込みで勝ちました。

阿炎は今場所初黒星です。

石浦に栃ノ心は栃ノ心が寄り切り。

千代大龍に琴ノ若は千代大龍が寄り切り。

照強に英乃海は英乃海が上手出し投げ。

碧山に千代翔馬は千代翔馬が上手投げで勝ちました。

志摩ノ海に翔猿は志摩ノ海が寄り切り。

琴恵光に豊昇龍は豊昇龍が寄り切り。

高安に玉鷲は玉鷲が押し出しで6勝目です。

宇良に遠藤は遠藤が引き落とし。

大栄翔に隆の勝は隆の勝が引き落とし。

逸ノ城にに若隆景は逸ノ城が押し出し。

阿武咲に明生は阿武咲がはたき込み。

御嶽海に霧馬山は御嶽海が突き落としで1敗を守りました。

隠岐の海に大関・貴景勝は貴景勝が押し出しで7連勝です。

大関・正代に宝富士は正代が寄り切りで勝ちました。

横綱・照ノ富士に妙義龍は照ノ富士が小手投げで7連勝です。

九州場所は7日目を終えて横綱・照ノ富士と大関・貴景勝の2人が初日から7連勝としています。


連敗を止めた天空海「落ち着いていけた」


連敗を止めて3勝目の天空海は「上手を取らせなかったのがよかったのかな。体勢が崩れてひやっとしたけれど、落ち着いていけた」と上機嫌でした。
また、差し入れが日々の楽しみだということで、「部屋に『クエ』が届いているので夜が楽しみです」と笑顔で話していました。

北勝富士は初日から6連勝の阿炎を破り「しっかり攻めることができた。最初に踏み込んで下から下からいけてよかった。一気に持って行く相撲を心がけたい」と冷静に振り返りました。

5勝目をあげた千代大龍は場所中の過ごし方について「コーヒーを飲んで2、30分くらいゆっくりとストレッチをしている。外に出られない分、ゆっくりする時間があるので相撲に向き合えている」と充実した様子でした。

6勝目をあげたベテラン、玉鷲は好調の要因を聞かれると、「朝倉の人たち、応援してくれる人たち」と宿舎を置くなどゆかりのある福岡県朝倉市の人たちの存在をあげていました。

同じく6勝目をあげた御嶽海は「きのう、きょうとしっくりとくる相撲ではないので納得いかない。結果は最後までわからないので、気を引き締めていきたい」と話していました。

連敗を2で止めた正代は「きのうに比べると当たれていると思うが、押し込むことができていないので、まだまだ。このまま調子を上げていって連勝していければいいかな」と話していました。

7連勝の貴景勝は「しっかり準備できていた。千秋楽が終わらないと成績はわからない。あしたの相撲に集中する」と落ち着いていました。

横綱・照ノ富士は「落ち着いて正面でいこうと思っていた。焦ってもしょうがないので、一生懸命やるだけ」と7連勝にも冷静でした。


関連キーワード

関連トピックス

最新トピックス