ニュース相撲

大相撲九州場所 5日目 横綱 照ノ富士 大関 貴景勝ら3人が5連勝

2021-11-19 午前 01:05

  

大相撲九州場所は5日目。横綱 照ノ富士は隆の勝に上手投げで勝って初日から5連勝としました。


中入り後の勝敗です。

▽天空海に阿炎は阿炎が押し倒しで5連勝です。

▽千代丸に松鳳山は千代丸が押し出し。

▽佐田の海に千代の国は取り直しの一番となり、千代の国が寄り切り。

▽輝に栃ノ心は栃ノ心が寄り切り。
栃ノ心は腰の痛みで初日から休場していましたが、18日から出場して、白星を挙げました。

▽豊山に魁聖は魁聖が寄り切り。

▽千代大龍に北勝富士は千代大龍が押し出し。

▽石浦に英乃海は英乃海が送り出し。

▽碧山に照強は照強が下手投げ。

▽琴ノ若に翔猿は翔猿が押し出しで勝ちました。

▽宇良に千代翔馬は宇良がとったり。

▽琴恵光に玉鷲は玉鷲が押し出し。

▽高安に豊昇龍は高安が寄り切り。

▽志摩ノ海に遠藤は遠藤がはたき込み。

▽阿武咲に宝富士は宝富士が突き落としで勝ちました。

▽逸ノ城に大栄翔は大栄翔が押し出し。

▽霧馬山に明生は明生が押し倒し。

▽御嶽海に若隆景は若隆景が寄り切り。御嶽海は今場所初黒星です。

▽妙義龍に大関 貴景勝は貴景勝が押し出しで5連勝です。

▽大関 正代に隠岐の海は隠岐の海が寄り切りで勝ちました。

▽横綱 照ノ富士に隆の勝は照ノ富士が上手投げで勝って5連勝です。

九州場所は序盤の5日目を終えて、横綱 照ノ富士、大関 貴景勝、平幕の阿炎の3人が5連勝です。


照ノ富士に敗れた隆の勝「チャンスあると思ったが腰が高かった」


初日から5連勝の阿炎は「四つには組みたくなかったので、自分の相撲を取ることを考えた。相撲に向き合えていると思う」と話していました。

取り直しの相撲で勝った千代の国は「一番目は負けたと思った。取り直しでは気持ちで負けないようにいこうと思っていた。あすからもしっかり頑張る」と冷静に答えていました。

腰を痛めて初日から休場していた栃ノ心は18日から出場して勝ち星を挙げ「落ち着いて相撲を取れた。とりあえず勝てたのがよかった。腰はよくなったので大丈夫」と明るい表情で答えていました。

「とったり」で4勝目を挙げた宇良は調子のよさを聞かれ、「序盤の星の数は本当に関係ない。最終結果がどうなっているか」と答えたうえで九州場所について「あたたかく、過ごしやすい。扇風機をつけたり、つけなかったりしている。ここから後半、急に寒くなるのが怖いですよね」と話していました。

高安は3日続けて長い相撲でしたが、18日は短く決着をつけて4勝目を挙げ、「きょうは厳しくいけた。短い相撲がいちばんいい。短く厳しく一方的な相撲があすにつながると思う。中盤戦、一番一番つなげていきたい」とこの先を見据えました。

ここまで負け無しだった関脇・御嶽海を破った若隆景は「一生懸命取っているだけ。下からの相撲を意識してやっていきたい」と表情を変えませんでした。

大関・正代に勝った隠岐の海は「はやく勝ててよかった」と短く振り返ったうえで19日の横綱戦に向けて「精いっぱい胸を借りるつもりで頑張ります」と話していました。

敗れた正代は「立ち合いの圧力をかけられなかったし、上体が起きるのも早かった気がする。けんか四つになるので、右を差したいということを意識しすぎた」と力なく振り返りました。

5連勝の大関・貴景勝は「始まったら集中してやるだけ。季節もいいし、コンディションを整えてしっかりやるだけ」と落ち着いて答えていました。

横綱・照ノ富士は隆の勝に勝った一番について「落ち着いていた。ふだんやっている稽古しか場所で出ないわけだから、よかったんじゃないですか」と振り返りました。

一方、敗れた隆の勝は「いい感じに立ち合えて、右も差せたので、チャンスがあると思った。腰が高かったかな」と淡々と振り返りました。


関連キーワード

関連トピックス

最新トピックス