ニュースサッカー

サッカーJ1 首位川崎が7連勝 次節にも優勝の可能性

2021-10-24 午後 09:55

  

サッカーJ1は第33節の残り4試合が行われ、首位の川崎フロンターレが勝ち、2位の横浜F・マリノスが敗れたため、両チームの勝ち点差が12に開きました。フロンターレは来月3日の次の節で優勝が決まる可能性があります。


フロンターレはレアンドロ・ダミアン選手のゴールで清水エスパルスに1対0で勝ち、7連勝で勝ち点を84に伸ばしました。

F・マリノスはセレッソ大阪に1対2で敗れ、勝ち点72のままでフロンターレとの差が12に開きました。

ヴィッセル神戸と名古屋グランパスの上位対決は2対2で引き分けました。
グランパスが2点をリードしましたが、ヴィッセルは武藤嘉紀選手とイニエスタ選手のゴールで追いつきました。ヴィッセルは勝ち点61で3位を守り、グランパスは勝ち点58で浦和レッズと並び、得失点差で4位となっています。

北海道コンサドーレ札幌対アビスパ福岡は、0対0で引き分けました。


関連キーワード

関連トピックス

最新トピックス