ニュースバレーボール

バレー男子 サントリー ムセルスキー選手 ドーピング検査陽性

2021-10-18 午後 07:28

  

バレーボール男子、Vリーグ1部、V1のサントリーのエースでロシア代表として2012年のロンドンオリンピックで金メダル獲得に貢献したドミトリー・ムセルスキー選手が、2013年のドーピング検査の結果、陽性だったことが分かりました。


ムセルスキー選手が所属するサントリーによりますと、ムセルスキー選手は、今月13日、FIVB=国際バレーボール連盟から2013年5月に行われたドーピング検査で陽性だったと通達されたということです。

このため、ムセルスキー選手は、来年1月4日まで国際バレーボール連盟が関わる大会やイベントなどでの選手活動が停止となるということです。

Vリーグの出場についてサントリーでは、国際バレーボール連盟の意向に沿って対応するとしています。

ムセルスキー選手は、2メートルを超える長身を生かした力強いプレーで、2012年のロンドンオリンピックでロシア代表として金メダルを獲得したほか、Vリーグでは昨シーズン、サントリーの14シーズンぶり8回目の優勝に貢献しました。


関連キーワード

関連トピックス

最新トピックス