ニュースその他のスポーツ

北京五輪テスト大会 IOC「選手から肯定的な評価」本番へ手応え

2021-10-17 午前 06:51

  

IOC=国際オリンピック委員会は16日、ギリシャで理事会を開き、来年2月の北京オリンピックに向けて行われているテスト大会について「世界中のアスリートから肯定的な評価を受けている」とオリンピック本番に向けた手応えを示しました。


IOC=国際オリンピック委員会は、16日、ギリシャのアテネで理事会を開き、来年2月に開幕する北京オリンピックに向けて中国で行われているテスト大会の進捗(しんちょく)状況などについて話し合いました。

テスト大会は今月8日のスピードスケートの国際大会から始まり、国内外から2000人を超える選手や関係者を招いて本番と同じ会場で12月下旬まで行われ、新型コロナウイルスの感染対策など運営面の課題を洗い出します。

理事会後、オンラインで行われた記者会見でIOCのキット・マコネル競技部長はテスト大会について「新型コロナ対策は非常に強力だ。アスリートからは満場一致で肯定的な評価を受けているし、競技を取り巻く組織では北京オリンピックへの機運が高まりつつある」と話し、オリンピック本番に向けた手応えを示しました。

北京オリンピックの新型コロナの感染対策としてはすでに観客を中国本土の居住者に限ることや参加者の移動を大会に関係する場所に制限すること、それに期間中は毎日、新型コロナの検査を行うことなどが決まっています。


関連キーワード

関連トピックス

最新トピックス