ニュースバドミントン

バドミントン国際大会 男子団体戦 日本は準決勝で中国に敗れる

2021-10-17 午前 01:35

  

デンマークで行われているバドミントンの国際大会、男子の団体戦、トマスカップの準決勝で日本は中国に1対3で敗れて決勝進出はなりませんでした。


バドミントンの団体戦の国際大会、男子のトマスカップと女子のユーバーカップは2年に1回、同じ時期に同じ会場で行われ、いずれもシングルス3試合とダブルス2試合で争われます。

このうちトマスカップは準決勝が16日に行われ、日本は前回大会で決勝で敗れた中国と対戦しました。

初戦のシングルスでは世界ランキング1位のエース、桃田賢斗選手が世界10位の選手と対戦して第1ゲームを奪い、第2ゲームの途中で相手が棄権してまず1勝をあげました。

しかし日本は続くダブルスとシングルスを落とし、第4試合のダブルスでも世界ランキング27位の古賀輝選手と齋藤太一選手のペアがストレート負けしました。

この結果、日本は1対3で敗れて、2大会連続の決勝進出はなりませんでした。


関連キーワード

関連トピックス

最新トピックス