ニュースバドミントン

バドミントン国際大会 女子団体戦 日本は3連勝で準々決勝へ

2021-10-13 午後 02:02

  

デンマークで行われているバドミントンの国際大会、女子の団体戦ユーバーカップは1次リーグの第3戦が行われ、日本はインドネシアに勝って3連勝とし、グループ1位で準々決勝に進みました。


男女別に行われるバドミントンの団体戦の国際大会、男子のトマスカップと女子のユーバーカップは2年に1回、同じ時期に同じ会場で行われ、シングルス3試合とダブルス2試合の5試合制で先に3勝したチームが勝ちとなります。

大会連覇を目指す女子の日本は初戦から2連勝で、すでに準々決勝進出を決めていて、12日は1次リーグの最終戦第3戦で、1位通過をかけてインドネシアと対戦しました。

日本は、ダブルスで世界ランキング3位の“ナガマツ”ペアの松本麻佑選手が、世界9位のペアの松山奈美選手と組んでインドネシアの世界34位のペアにストレート勝ちしたほか、東京オリンピックの混合ダブルスで銅メダルを獲得した東野有紗選手と、世界1位の“フクヒロ”ペアの福島由紀選手が組んだペアも勝利して、5戦全勝でインドネシアを破りました。

これで日本は1次リーグを3戦全勝として、グループの1位で14日の準々決勝に進みました。


関連キーワード

関連トピックス

最新トピックス