ニュースその他のスポーツ

休日部活動 地域スポーツクラブが教員に代わり指導 福井 鯖江

2021-10-10 午後 02:46

  

部活動の顧問を務める教員の負担を減らそうと、福井県鯖江市では、休日に地域のスポーツクラブが教員に代わって子どもたちを指導する取り組みが行われています。


10日は鯖江市の中央中学校で、スポーツクラブ主催のサッカーの練習が行われ、サッカー部員35人が参加しました。

指導にあたるのはこの学校のサッカー部のOB3人で、指導者のライセンスを持つ人もいて、生徒たちはパスやシュートなど基本的な練習に取り組んでいました。

サッカー部顧問の村田大地教諭は「専門の知識を持った地域の指導者が参加することで、より高い技術を教えてもらうことができ、助かります」と話していました。

参加した2年生の生徒は「複数の指導者にみてもらえることで、一人ひとりのスキルアップの可能性があります」と話していました。

教員の長時間労働が課題となる中、中学校での休日の部活動について国は、令和5年4月から段階的に地域のスポーツクラブへの移行を検討していて、鯖江市教育委員会では、スポーツクラブによる指導にどんな課題があるか検証することにしています。


関連キーワード

関連トピックス

最新トピックス