ニュース野球

ヤクルトに優勝へのマジックナンバー「11」が初点灯

2021-10-08 午後 09:52

  

プロ野球、セ・リーグ首位のヤクルトが8日夜、2位の阪神に勝ち、優勝へのマジックナンバー「11」が初めて点灯しました。


ヤクルトは8日夜、神宮球場で行われた2位・阪神との試合で勝つか引き分ければ、初めてマジックナンバーが点灯する状況でした。

試合はヤクルトが1回、4番・村上宗隆選手のタイムリーツーベースで先制し、2回は8番・西浦直亨選手の5号ソロ、5回は1番・塩見泰隆選手の2点タイムリーでリードを広げました。

投げては先発した2年目の奥川恭伸投手が、テンポのいいピッチングで7回途中ヒット4本1失点と好投し、ヤクルトが4対1で勝ちました。

ヤクルトは連勝を「7」に伸ばし、マジックナンバー「11」が点灯しました。

2年連続最下位から6年ぶりのリーグ優勝を目指すヤクルトは、高津臣吾監督が柔軟に若手を起用するなどして課題だった投手陣を立て直し、打線も新外国人選手の加入や若手の成長で厚みが増し、チームの得点は12球団トップとなっています。


高津監督「目標となる数字でいいんじゃないですか」


ヤクルトの高津臣吾監督は、6年ぶりのリーグ優勝に向けたマジックナンバー「11」が初めて点灯したことについて、「目標となる数字でいいんじゃないですか。頑張りますよ」と、力を込めました。

そして、「負けたくない気持ちはみんなすごく強い。鼻息荒くグラウンドに立って、常に前向きに、前のめりに戦っている。ここまで来たんだから全力で戦いたい」と、充実した表情で話していました。


関連キーワード

関連トピックス

最新トピックス