ニュースその他のスポーツ

スピードスケート小平奈緒 長野で練習公開 北京五輪まで4か月

2021-10-04 午後 04:39

  

北京オリンピック開幕まで4か月となる4日、スピードスケートの小平奈緒選手が、地元、長野で練習を公開し、2大会連続の金メダルが期待されるオリンピック出場に向けて「まずは代表選考を勝ち抜くためにパフォーマンスを上げていかないといけない」と気を引き締めていました。


長野県茅野市出身の小平選手は、来年2月4日の北京オリンピック開幕まで、ちょうど4か月となる4日、練習拠点としている長野市のエムウェーブで報道陣に練習を公開しました。

練習は午前10時前からおよそ45分間公開され、小平選手はスタートや、スピードに乗った直線での体の動きなどを確かめていました。

練習後の会見で小平選手は「夏場のトレーニングは順調に過ごせた。滑りについても日々よくなっている」と、引き締まった表情で話し、シーズン開幕を前に準備が整っている様子を伺わせました。

北京オリンピックの女子500メートルで2連覇を期待される小平選手は、この夏の東京オリンピックで柔道男子73キロ級に出場し、2連覇を果たした大野将平選手に刺激を受けたということで「いろいろな思いと葛藤しながらも雑念を振り払えたからこそ、大野選手は2連覇を成し遂げたのだと思う」と話していました。

そして、自身については「葛藤し思考しながら自分の中で答えを出して、スタートラインにつけたらいい。まずは代表選考を勝ち抜くためにパフォーマンスを上げていかないといけない」と気を引き締めていました。

小平選手は、今月22日から長野市のエムウェーブで開かれる今シーズンの国内開幕戦、全日本距離別選手権に出場する予定です。


関連キーワード

関連トピックス

最新トピックス