ニュース野球

大リーグ 大谷翔平 本塁打なくトップと3本差のまま 残り2試合

2021-10-02 午後 03:32

  

大リーグ、エンジェルスは今シーズンの最終カード、マリナーズとの3連戦が始まり、大谷翔平選手は3打数ノーヒットで9試合ホームランなしとなりました。ホームラン王争いは順位が変わらず、大谷選手は、トップと3本差のままです。


大谷選手は1日、シアトルでシーズン最後の3連戦となるマリナーズとの初戦に2番・指名打者で先発出場しました。

大谷選手は先月21日に45号ホームランを打って以来、ここ8試合ホームランはなくトップのペレス選手を3本差で追っています。

大谷選手は1回の第1打席、アウトコースのカットボールを打ちましたがセンターフライとなりました。

2対1と逆転した3回は、ノーアウト二塁の場面で第2打席を迎え、3球続けてボールとなったあと申告敬遠でフォアボールとなり勝負を避けられました。

このあと5回の第3打席は、セカンドゴロ、8回の第4打席は、フルカウントからアウトコースの150キロを超える速球に空振り三振に倒れ、この試合は3打数ノーヒット、フォアボール1つの内容でした。

エンジェルスは、2対1で勝ちました。

これで大谷選手は9試合連続でホームランがなく、この日は48本のロイヤルズのペレス選手と46本のブルージェイズのゲレーロ Jr.選手にもホームランがでず、大谷選手はトップと3本差のままで残り2試合に臨みます。


関連キーワード

関連トピックス

最新トピックス