ニュースサッカー

サッカー日本代表 W杯アジア最終予選 10月2試合のメンバー発表

2021-09-28 午後 08:59

  

サッカーのワールドカップアジア最終予選の2試合に臨む、日本代表のメンバー25人が発表され、イングランドプレミアリーグ、アーセナルで活躍する冨安健洋選手や、フランス2部で好調を維持しているフォワードのオナイウ阿道選手などが、選ばれました。


ワールドカップカタール大会のアジア最終予選で1勝1敗の日本代表は、10月7日にアウェーでサウジアラビアと対戦したあと、12日に埼玉スタジアムでオーストラリアと対戦します。

この2試合に向けて28日、メンバー25人が発表され、
▼イタリア1部リーグ、サンプドリアでプレーする、キャプテンの吉田麻也選手のほか、
▼イングランドプレミアリーグのアーセナルで活躍する、ディフェンダーの冨安健洋選手、
それに、
▼フランス2部、トゥールーズで好調を維持している、フォワードのオナイウ阿道選手などが、選ばれました。

また、今月の最終予選のメンバーから4人が加わり、東京オリンピックではボランチとして6試合すべてで先発出場した、ドイツ2部、デュッセルドルフの23歳、田中碧選手などが入りました。

一方、中国戦で先発出場して攻撃を活性化させた、スペイン1部、マジョルカの20歳、久保建英選手は、右ひざのけがのため、メンバーから外れました。


メンバー25人は


サウジアラビア戦とオーストラリア戦に臨む日本代表のメンバー25人です。


GK


ゴールキーパーは3人です。
▽フランス1部リーグ、ストラスブールの川島永嗣選手(38)
▽J1、清水エスパルスの権田修一選手(32)
▽J1、湘南ベルマーレの谷晃生選手(20)


DF


ディフェンダーは9人です。
▽J1、FC東京の長友佑都選手(35)
▽イタリア1部リーグ、サンプドリアの吉田麻也選手(33)吉田選手はキャプテンを務めます。
▽J1、浦和レッズの酒井宏樹選手(31)
▽ドイツ2部、ハノーバーの室屋成選手(27)
▽フランス2部、ニームの植田直通選手(26)
▽ドイツ2部、シャルケの板倉滉選手(24)
▽オランダ1部、ズウォレの中山雄太選手(24)
▽イングランドプレミアリーグ、アーセナルの冨安健洋選手(22)
▽ベルギー1部、シントトロインデンの橋岡大樹選手(22)


MF


ミッドフィルダーは11人です。
▽ドイツ1部、ウニオンベルリンの原口元気選手(30)
▽スペイン2部、レガネスの柴崎岳選手(29)
▽ドイツ1部、シュツットガルトの遠藤航選手(28)
▽ベルギー1部、ゲンクの伊東純也選手(28)
▽ドイツ1部、ボーフムの浅野拓磨選手(26)
▽イングランドプレミアリーグ、リバプールの南野拓実選手(26)
▽ポルトガル1部、サンタクララの守田英正選手(26)
▽ドイツ1部、フランクフルトの鎌田大地選手(25)
▽ベルギー1部、アントワープの三好康児選手(24)
▽オランダ1部、PSVの堂安律選手(23)
▽ドイツ2部、デュッセルドルフの田中碧選手(23)


FW


フォワードは2人です。
▽J1、ヴィッセル神戸の大迫勇也選手(31)
▽フランス2部、トゥールーズのオナイウ阿道選手(25)


森保監督「ベストな布陣 若手多いが ハングリーな部分だして」


日本代表の森保一監督は「ヨーロッパで多くの選手のプレーを直接見て、コンディションが上がってきていると感じる。今回戦ううえでベストな布陣だと考えている。若い選手も多いが、野心を持ち、この2試合で自分が存在感を発揮するんだというハングリーな部分を思い切り出してもらいたい」と話していました。

そして、最終予選で2連勝している上位2チームとの試合について「目の前の1試合に向けて全力で準備し、チーム全体でやるべきことを共有しながら戦いに臨みたい。とくにアウェーのサウジアラビア戦は、非常に厳しい戦いになると覚悟しているが、勝ち点3を目指すことに変わりはない。アウェーの雰囲気の中でも戦えるようにメンタルも戦術も準備して、いい守備からいい攻撃というコンセプトをアウェーの地でも発揮したい」と話していました。


関連キーワード

関連トピックス

最新トピックス