ニュース相撲

大相撲秋場所12日目 新横綱 照ノ富士 明生に敗れ2敗目

2021-09-23 午後 10:45

  

大相撲秋場所12日目、新横綱 照ノ富士は明生に下手投げで敗れて2敗目を喫しました。


中入り後の勝敗です。

▽千代ノ皇に十両の大奄美は、大奄美が寄り切り。千代ノ皇は負け越しです。

▽栃ノ心に千代の国は、栃ノ心が押し出し。

▽琴恵光に千代大龍は、琴恵光が寄り切り。

▽妙義龍に輝は、輝が押し出し。妙義龍は3敗目を喫しました。

▽豊山に碧山は、豊山が寄り切り。

▽英乃海に剣翔は、剣翔が寄り切り。

▽翔猿に徳勝龍は、翔猿が首投げで勝ちました。翔猿は土俵際で、逆転の首投げを決め5勝目を挙げ「瞬時に対応できたのでよかった。白星がいい薬になります。あと3日、思い切り頑張ります」と淡々と話しました。

▽魁聖に志摩ノ海は、志摩ノ海が押し出し。魁聖は負け越しました。

▽照強に一山本は、一山本が突き出し。

▽千代丸に宇良は、千代丸がはたき込み。宇良は負け越しです。宇良は「久しぶりの負け越しですね。切り替えて…。切り替えてと言うしかないですもんね。自分としてはあと3番残っているので、しっかり頑張って取りたい」と言葉どおりに切り替えている様子でした。

▽千代翔馬に若隆景は、若隆景が押し出し。

▽霧馬山に隠岐の海は、隠岐の海が上手投げで3敗を守りました。

▽大栄翔に豊昇龍は、大栄翔が押し出し。

▽隆の勝に遠藤は、遠藤がはたき込みで3敗を守りました。遠藤は「しっかり自分の相撲を取ることだけ考えました。あしたも頑張ります」と白星にもことば少なでした。

▽玉鷲に小結 高安は、高安が右の尻の筋肉を痛めて23日から休場し負け越しました。玉鷲が不戦勝です。

▽阿武咲に関脇 御嶽海は、阿武咲が押し出しで3敗を守りました。御嶽海は4敗目です。阿武咲は「よく前に攻められたと思う。しっかりと前に出ようと思っていたのでよかったです」と振り返ったうえで、優勝争いについては「特に何も考えることはない。やることは変わらないので、1日、一番、しっかり取りきることに集中します」と24日の取組を見据えていました。

▽小結 逸ノ城に大関 正代は、逸ノ城がはたき込み。正代は4敗目です。敗れた正代は立ち合いが2回合わず「自分が合わせられなかったというのがあると思う。3回目の立ち合いは前に出ていましたし、途中に止まってしまったのが良くなかったかな」と反省していました。

▽角番の大関 貴景勝に宝富士は、貴景勝が押し出しで勝ち越して角番を脱出しました。貴景勝し「きょうも変わらず集中してやるしかないので、そこだけ考えてやった。積極的にやろうと思っていた。初日から変わらずやってるので、結果は最後、終わった時にわかる。4敗しているので優勝を考える立場でもないが、可能性がある以上は一生懸命に目指さないといけない」といつもどおり淡々と話しました。

▽新横綱 照ノ富士に新関脇 明生は、明生が下手投げで勝ちました。照ノ富士は2敗目を喫しましたが単独トップのままです。照ノ富士から白星を挙げた明生は「強い横綱に勝つことが出来て、すごく良い一番だった。取組には、横綱を少しでも慌てさせようという気持ちでいきました。無我夢中でした。残り3日、頑張ります」と落ち着いた様子で話していました。

大相撲秋場所は12日目を終えて、ただ一人2敗の照ノ富士を3敗で阿武咲、遠藤、隠岐の海、妙義龍のいずれも平幕の4人が追う展開です。


関連キーワード

関連トピックス

最新トピックス