ニュース野球

レンジャーズ戦力外の有原 移籍成立せず傘下のマイナー残留に

2021-09-22 午前 11:34

  

大リーグのレンジャーズを戦力外となった有原航平投手が、チーム傘下のマイナーリーグに残留することになりました。


レンジャーズは、19日に有原投手を大リーグ契約の40人枠から外して戦力外とし他球団に獲得の意思を問うウエーバーにかけましたが、期間内に移籍が成立しなかったとして21日、傘下のマイナーリーグに残留させると発表しました。

有原投手は、週末に3Aの試合で先発登板する予定だということです。

29歳の有原投手はプロ野球の日本ハムから今シーズン、レンジャーズに2年契約で加入し、5月に右肩の動脈りゅうの手術を受けた影響もあり、ここまで2勝4敗、防御率6.64の成績にとどまっていました。

レンジャーズのヤングゼネラルマネージャーは、「来年の春のキャンプで、先発ローテーションの枠を競ってもらいたい」と話しています。


関連キーワード

関連トピックス

最新トピックス