ニュースラグビー

ラグビー 豪とのテストマッチに向け日本代表候補の39人発表

2021-09-21 午後 01:56

  

日本ラグビー協会は、10月に大分市で予定されているオーストラリアとのテストマッチなどに向けた日本代表候補39人を発表し、おととし、ラグビーワールドカップ日本大会で初のベスト8進出に貢献した流大選手が復帰しました。


おととし、日本で初めて開催されたワールドカップで史上初のベスト8入りを果たしたラグビーの日本代表は、2年ぶりの国内でのテストマッチとして10月23日、大分市で強豪 オーストラリアと対戦する予定です。

その後、ヨーロッパに遠征し、11月にはアイルランドとポルトガル、それにスコットランドの3チームとテストマッチを予定しています。



日本ラグビー協会は21日、この4試合に向けた日本代表候補の39人を発表し、おととしのワールドカップで主力として活躍したスクラムハーフの流選手が復帰しました。

このほか、ワールドカップでキャプテンを務めたリーチ マイケル選手やスタンドオフの田村優選手、昨シーズン、世界最高峰のリーグ、スーパーラグビーのニュージーランドのチームで活躍した姫野和樹選手らが選ばれました。

日本ラグビー協会は、9月29日から宮崎県で合宿を行ったあとに代表メンバーを決定し、10月15日に発表します。



日本代表の藤井雄一郎ナショナルチームディレクターは「勝利を優先で考えているが、中身もすごく重要だ。久しぶりに南半球のチームとやるので、自分たちがどの位置に立っているのかを、しっかり見極めたい」と話していました。


関連キーワード

関連トピックス

最新トピックス