ニュース野球

松井秀喜さん「大谷翔平選手は夢の世界を実現してくれている」

2021-09-21 午前 10:58

  

大リーグのヤンキースなどで活躍した松井秀喜さんが、アメリカでチャリティーゴルフの大会に参加し、ホームラン王争いを続けているエンジェルスの大谷翔平選手について「夢の世界を実現してくれている」とたたえました。


松井さんは引退後、野球を通じた子どもの健全な育成を目指すNPO法人の代表を務めていて、20日、東部コネティカット州で、このNPO法人が共催するチャリティーゴルフの大会に参加し取材に応じました。

この中で松井さんは、大谷選手について「アメリカ中の野球ファンが、彼のすべてのプレーに注目している。メジャーリーグの中でも、すごく大きな存在で、数字がすべてを物語っている」とたたえました。



大谷選手はことし、松井さんが2004年に打った大リーグでの日本選手のシーズン最多ホームラン記録の31本を更新し、ここまで44本まで記録を伸ばして、ホームラン王争いを続けています。

これについて松井さんは「日本人の野球ファンにとって、本当に夢の世界だと思う。彼がそれを実現してくれている。打つだけではなく、ピッチャーとしてもプレーしていることは、日本の野球の歴史の中でも大きなものだと思っている」と話し、エンジェルスの後輩でもある大谷選手の活躍を喜んでいました。



この大会には大リーグ、メッツやプロ野球のロッテなどで監督を務めたボビー・バレンタインさんも参加し「毎日ワクワクしながら大谷の試合を見ている。きっとホームラン王とMVPのタイトルを獲得するだろう」と話していました。


関連キーワード

関連トピックス

最新トピックス