ニュース野球

ロイヤルズ ペレス 45号ホームラン ゲレーロJr.と並びトップに

2021-09-17 午前 08:52

  

大リーグ、ロイヤルズのペレス選手が16日のアスレティックス戦で今シーズン45号のホームランを打ち、エンジェルスの大谷翔平選手などと競うホームラン王争いでトップに立ちました。


ペレス選手はベネズエラ出身の31歳。

強肩強打のキャッチャーとして知られ、ことしのオールスターゲームでは大谷選手とバッテリーを組んだほか、ホームラン競争にも出場しました。

16日のアスレティックス戦では3試合連続となる今シーズン45号のツーランホームランを打ち、この日試合のなかったブルージェイズのゲレーロJr.選手に並んで大リーグトップに立ちました。

エンジェルスの大谷選手は16日の試合でヒット2本を打ちましたがホームランはなく44本のままで、ホームラン王争いで3位に後退しました。

ペレス選手は1970年にレッズのジョニー・ベンチさんがマークしたキャッチャーとしての最多ホームラン記録に並び、残り16試合で記録の更新を目指します。

また、ことし7月の前半戦終了時のホームラン数は21本で、トップを独走していた大谷選手と12本の差がついていましたが、後半戦は56試合で24本と驚異的なペースで追い上げついにトップに立ちました。


関連キーワード

関連トピックス

最新トピックス