ニュース陸上

来月予定の東京マラソン 中止の見通し

2021-09-17 午前 07:54

  

来月予定されていることしの東京マラソンは、現在、都内に緊急事態宣言が出されていることから、17日開かれる臨時の理事会で中止が決まる見通しです。14年連続で開かれてきた大会が中止になるのは初めてです。


東京マラソンは国内外の招待選手や一般ランナーが参加して毎年3月に行われてきましたが、ことしは感染拡大を受けて、時期を半年余りずらして来月17日にしたうえで、一般ランナーを3割減らすことにしていました。

ただ、大会の要項では「開催1か月前以降に緊急事態宣言が発せられている場合」は中止を決定する基準にあたるとされています。

都内の緊急事態宣言は今月13日から延長されていて、関係者によりますと大会を主催する東京マラソン財団は17日、臨時の理事会を開いて大会の中止を決める見通しです。

2007年に始まった東京マラソンは感染拡大の影響で規模を大幅に縮小した去年も含めて14年連続で開かれてきましたが、中止になるのはこれが初めてです。

来月の大会に参加する予定だった一般ランナーについては、代わりに今後の大会に参加できるよう調整しています。


関連キーワード

関連トピックス

最新トピックス