ニュースその他のスポーツ

《詳細》東京パラリンピック開会式 大会は9/5までの13日間

2021-08-25 午前 0:41

  

新型コロナウイルスの影響で1年延期された東京パラリンピックは24日夜、国立競技場で開会式が行われ開幕しました。感染拡大が続く中、障害のため重症化のおそれのある選手もいる大会を安全に開催できるかどうかが大きな課題となります。


1964年の東京大会以来、世界で初めて同じ都市で2回目の開催となる東京パラリンピックの開会式は、午後8時からメインスタジアムの国立競技場で無観客で行われました。
開会式のコンセプトは「WE HAVE WINGS」で、パラアスリートの姿は誰もが逆風に立ち向かう「翼」があることを気付かせてくれるという思いが込められています。

開会式には一般からの応募で選ばれた障害がある人など、さまざまな年代の人たちがそれぞれの特技を生かしたパフォーマンスを披露し、共生社会の実現というパラリンピックの理念が発信されました。
このあと、先頭の難民選手団に続いて世界の各国と地域の選手たちが日本語の50音順に入場行進しました。

開催国の日本選手団は最後に登場し、旗手を務める卓球の岩渕幸洋選手とトライアスロンの谷真海選手に続いて、およそ200人が入場しました。

そして天皇陛下が開会を宣言され161の国と地域、そして難民選手団による史上最多のおよそ4400人の選手が参加して22競技で競う大会が開幕しました。

クライマックスでは聖火リレーの最終ランナーとして今大会の車いすテニスで金メダルを目指す上地結衣選手がボッチャとパワーリフティングの2人の若手選手とともに太陽をモチーフとした聖火台に点火しました。

東京パラリンピックでは感染防止のためすべての会場が原則として無観客となった一方で教育的な意義を重視して学校連携観戦チケットによる子どもたちの観戦が認められています。

また、障害や基礎疾患のため新型コロナウイルスに感染すると重症化のリスクがある選手も参加することから、感染の封じ込めを徹底して大会を安全に運営できるが最大の課題となっています。

大会は来月5日まで13日間にわたって開催されます。


《開会式 詳細》

20:00 開会式スタート はるな愛さんなどが登場


東京パラリンピックの開会式が午後8時から始まりました。
パラリンピックが東京で行われるのは、1964年に続いて2回目です。
同じ都市で2度目の夏のパラリンピックが開かれるのは初めてのことです。

開会式のコンセプトは、「WE HAVE WINGS」で、式典では翼が重要なモチーフになり物語が展開されました。

会場は“パラ・エアポート”として空港に見立てられ空色の大きな帽子と大きなファスナーがついたワークウェアを着たクルーがパフォーマンスを披露しました。
クルーはタレントのはるな愛さんや公募で選ばれた障害のあるパフォーマーなど100人です。


20:02 会場に花火打ち上がる


会場では花火が打ち上げられました。


20:03 天皇陛下がIPCのパーソンズ会長とともに臨席される


天皇陛下がIPC=国際パラリンピック委員会のパーソンズ会長とともに開会式に臨席されました。


20:10 日本国旗掲揚 国歌は全盲の佐藤ひらりさんが歌う


日本の国旗が掲揚されました。そしてシンガーソングライターで全盲の佐藤ひらりさんが国歌を歌いました。


20:03 辻井伸行さんの演奏に合わせ開催国 日本の国旗入場


全盲のピアニストで作曲家の辻井伸行さんの演奏に合わせて開催国、日本の国旗が会場に入りました。

長野パラリンピック、アイススレッジ・スピードレースの金メダリストのマセソン美季さん、陸上競技でパラリンピックに7回出場し、11個のメダルを獲得した尾崎峰穂さん、レスリングで女子個人として史上初の4連覇を達成した伊調馨さんなど6人が国旗を運びました。


20:15 パラリンピックのシンボル示すバルーンが会場に


パフォーマーたちのショーが始まり、みんなで風を起こしてカラフルなバルーンを浮かび上がらせました。



集まった3つのバルーンはパラリンピックのシンボルを示しています。

そしてこのあとシンボルの赤、青、緑の3色の花火が打ち上げられました。


20:19 入場行進始まる 先頭は「難民選手団」


「パラ・エアポート」として空港に見立てられた会場では、大会に出場する160を超える国や地域などからの選手団の入場行進が始まりました。

最初に、紛争などで母国を離れて暮らす「難民」のための選手団、「難民選手団」が入場します。

難民選手団は前回のリオデジャネイロ大会に続いて結成され、競泳、陸上、テコンドー、カヌーの4つの競技に男女合わせて6人が出場する予定です。


20:19 難民選手団のあとは「五十音順」 アイスランド入場


選手たちは日本語の「五十音順」で入場していきます。

難民選手団に続いて入場したのはアイスランドです。


20:21 参加断念のアフガニスタン 旗手はボランティア


アフガニスタンは今月、政権が事実上崩壊したことで参加を断念しましたが、入場行進には参加しました。

旗手はボランティアが務めています。


20:24 イスラエル


補助犬と一緒に入場する選手の姿もみられました。


20:26 イラン 身長2m46cmの選手も行進


シッティングバレーボール男子でこれまで6つの金メダルを獲得していて、中心選手のモルテザ・メヘルザードセラクジャーニー選手は、身長2メートル46センチと座った状態でもネットから頭が出るほど、圧倒的な高さでチームを引っ張ります。


20:28 ウクライナの選手団入場


前回のリオデジャネイロパランピックでは、中国とイギリスに次ぐ数のメダルを獲得したパラリンピック強豪国です。


20:30 パラリンピック発祥の地 イギリスが入場


パラリンピック発祥の地として知られるイギリスが入場しました。1948年にロンドン郊外にある病院で、戦争で負傷した兵士の治療の一環として開かれた障害者のスポーツ大会がのちのパラリンピックにつながったといわれています。


20:31 エジプト 列車事故で両腕を失った選手が卓球に出場


卓球に出場するイブラヒーム エルフセイニ・ハマドトゥ選手は、10歳の時に列車事故で両腕を失いました。ラケットを口にくわえ足でボールをつかんでトスを上げてプレーします。


20:32 RPC=ロシアパラリンピック委員会


ロシアの選手たちは組織的なドーピング問題で国の代表として出場できません。このため、RPC=ロシアパラリンピック委員会からの選手として出場し、全22の競技のうち20競技に参加します。


20:47 サウジアラビア 女子選手が今大会初出場


旗手は、陸上女子砲丸投げのサラーハ・アルジュマア選手。サウジアラビアで女子選手が出場するのは今大会が初めてです。


20:48 ザンビア ただ1人参加の選手は“アルビノ”


出場するのはモニカ・ムンガ選手1人です。ムンガ選手は肌や髪の毛などの色素が少ないアルビノで、視覚障害の陸上の選手です。アフリカでは迷信などから、アルビノの人は命の危険にさらされることがあり、ムンガ選手はそうした過酷な状況を知ってほしいと話しています。


20:51 スペイン 選手には新型コロナの診断にあたった現役医師も


トライアスロン女子、視覚障害のクラスに出場する世界ランキング1位のスサーナ・ロドリゲス選手は現役の医師でもあります。新型コロナウイルスの感染が疑われる人を電話で診断するなど、医療の最前線に立ちながらトライアスロンの厳しいトレーニングを続けてきました。


21:00 中国 前回大会は金メダル107個を獲得


4大会連続で最多のメダルを獲得しているパラリンピック大国です。前回のリオデジャネイロ大会は107個の金メダルを獲得し、銀と銅をあわせるとメダルの数は239個と最も多くなりました。今大会では日本に次ぐ、240人を超える選手が出場予定です。


21:02 ドイツが92番目に入場


3連覇を狙う陸上走り幅跳び義足のクラスのマルクス・レーム選手が持つ世界記録は、東京オリンピックで金メダリストがマークした記録を上回っています。


21:05 ニュージーランド “選手らの体調管理優先” 旗手のみ参加


ニュージーランドは旗手1人で入場しました。選手たちの体調管理を優先したいなどとして、旗手を除いて選手全員が開会式へ参加をとりやめました。


21:10 ハンガリー


選手たちが着用するユニフォームは日本の「着物」をイメージして作られました。


21:12 初出場ブータンの選手団が入場


選手たちは今月10日から神奈川県の箱根町や小田原市で事前合宿を行いました。


21:13 前回大会開催国 ブラジルが入場


前回のリオデジャネイロ大会開催国、ブラジルが入場しました。ブラインドサッカーは4大会連続、金メダルを獲得していて、初出場の日本とも予選リーグで対戦します。また、競泳のダニエル・ディアス選手はパラリンピック3大会でこれまでに金メダル14個を獲得しているトップ選手です。


21:20 ポルトガル


旗手は選手団最年少15歳のベアトリス・モンテイロ選手が務めました。


21:32 2028年大会の開催国 アメリカが入場


アメリカは、2028年のロサンゼルス大会の開催国です。


21:33 最後から2番目は2024年大会の開催国 フランス


2024年にパリで夏のオリンピック、パラリンピックが開かれます。


21:35 最後に開催国 日本が入場


全体の最後に開催国、日本の選手団が旗手を務めるトライアスロンの谷真海選手と卓球の岩渕幸洋選手を先頭に入場しました。



日本は、これまでで最も多い254人の選手が出場し、夏のパラリンピックとして初めて22、すべての競技にエントリーしています。
選手たちは、小さな日本の国旗を手に手を大きく振ったり、肩を組んだりしてリラックスした表情で入場しました。選手たちが着ている赤と白を基調としたユニフォームは、今大会初めてオリンピックと統一されました。


21:44 片方しか翼がない小さな飛行機にふんした少女の物語


「パラ・エアポート」として空港に見立てられた会場では、片方しか翼がない小さな飛行機にふんした少女の物語が始まりました。さまざまな形の飛行機が飛び交う中、空を飛ぶことを夢みている少女の物語で、会場では障害のあるダンサーなどが飛行機にふんし個性豊かに舞いました。


22:00 組織委橋本会長「コロナ対策万全期し大会運営やり遂げる」


大会組織委員会の橋本会長は「世界中が依然としてコロナ禍の厳しい状況にあるなか、医療従事者をはじめこの困難を乗り越えようと日々尽力されているすべての方々に心から感謝を申し上げます。大会開催を受け入れていただいた日本の皆様にご理解をいただけるようコロナ対策に万全を期し安全安心の大会運営をやり遂げてまいります」と述べました。

そして「大会を契機に互いの違いを認め合い、支え合い、いかなる差別も障壁もなく誰もが生きやすい共生社会を築いていきたい」と述べたうえで、出場する選手にむけて「パラアスリートは人間には無限の可能性と限界を超える能力があることをいつも教えてくれます。幾多の困難を乗り越えてきたその姿で、私たちに立ち上げる力と希望を与えてください」とあいさつしました。


22:06 IPCパーソンズ会長あいさつ


IPC=国際パラリンピック委員会のパーソンズ会長は「地球上で最も変革を起こす力のあるスポーツの祭典が始まろうとしています。障害のある人々に対する新たな認識を残すことがこのパラリンピックのレガシーとなるよう努めます」と述べました。

また、新型コロナウイルスの感染拡大により大会が延期したことについて「アスリートたちは夢を追いかけこのスタジアムに来られると信じていました。パラアスリートの困難を克服しようとする力は多くの人々に力を与えます」と述べ、コロナ禍での大会開催の意義を強調しました。


22:08 天皇陛下が開会宣言 東京での57年ぶりの大会開幕


天皇陛下が大会の名誉総裁として東京パラリンピックの開会を宣言されました。1964年以来、2回目の東京パラリンピックが開幕しました。


22:09 パラリンピック旗が入場


パラリンピックのために結成された障害のある演奏者などの楽団が演奏する中、旗はカヌー女子カヤックシングルで2大会連続出場となる瀬立モニカ選手や競泳で初めてのパラリンピック出場となる富田宇宙選手などによって運ばれました。そして、東京都のエッセンシャルワーカーの代表につながれました。


22:17 パラリンピック旗掲揚


会場では障害のある演奏者などの楽団によるパラリンピック賛歌の演奏に合わせて、パラリンピック旗が掲揚されました。


22:20 選手や指導者などが宣誓


日本選手団の主将で車いすテニスの国枝慎吾選手と副主将でゴールボールの浦田理恵選手などが「パラスポーツを通じて世界をよりよい共生社会にするためにパラリンピックに参加することを誓います」と述べました。


22:25 光るトラックが会場に 荷台からは布袋寅泰さんらが登場


会場には派手な光に包まれたトラックが登場しました。側面には伊藤若冲や葛飾北斎の作品があしらわれています。



荷台の部分からはギタリストの布袋寅泰さんをはじめ視覚や手足に障害のあるギタリストなどが現れ、4人で迫力あるロックを演奏しました。発達障害やダウン症のダンサー、セクシャルマイノリティーのパフォーマーなども加わり、鮮やかなショーを披露しました。


22:30 障害のある2人のダンサーがダンス披露


暗くなった会場で障害のある2人のダンサーが「その人だけが持っている“光り輝く個性”」をテーマにアクロバティックなダンスを披露しました。


22:42 会場に聖火が到着


聖火は、パラリンピック発祥の地・イギリスのストーク・マンデビルと日本全国の880か所以上で地域の特色ある方法によって採火されて1つにまとめられました。


22:42 聖火はパラ金メダリスト3人に


会場に到着した聖火はいずれもパラリンピックの金メダリストで、アルペンスキーの大日方邦子さん、卓球の竹内昌彦さん、それに東京大会にも出場する競泳の成田真由美選手の3人によって第2走者につなげられました。


22:44 聖火はパラリンピックのメディカルドクターら第2走者に


聖火は第2走者に引き継がれパラリンピックのメディカルドクターを務める医師の中村太郎さん、看護に従事する人の育成にあたる看護師の田村玉美さん、30年以上にわたり義足のアスリートを育成している義肢装具士の臼井二美男さんの3人がトーチを手にゆっくりと会場を走りました。


22:50 上地結衣選手ら3人が一斉に聖火台に点火


聖火は、車いすテニス女子の上地結衣選手と東京大会には出場しないボッチャの内田峻介選手、そしてパラパワーリフティングの森崎可林選手に引き継がれました。そして3人は太陽をモチーフにした聖火台に近づくと一斉に聖火台に火をともしました。


22:52 会場に花火 開会式は約3時間で終了


聖火台に火がともされたあと、会場には花火が上がり、東京パラリンピックの開会式はおよそ3時間で終了しました。

大会は来月5日まで13日間にわたって開催されます。


関連キーワード

関連トピックス

最新トピックス