ニュース野球

全国高校野球 大会2日目 第4試合 東北学院5-3愛工大名電

2021-08-11 午後 11:02

  

夏の全国高校野球、2日目の第4試合は、春夏通じて甲子園初出場の宮城の東北学院が、愛知の愛工大名電高校に5対3で勝って、2回戦に進みました。


東北学院は3回、7番の山田将生選手のタイムリーツーベースヒットで3点を先制し、6回にも山田選手のタイムリースリーベースなどで2点を追加し、主導権を握りました。

山田選手はこの試合2安打4打点の活躍でした。

投げてはエースの伊東大夢投手が3回まで1人のランナーも出さないピッチングを見せ、中盤以降も持ち味のコースを丁寧につくピッチングで相手の反撃を3点に抑え、9回を1人で投げ抜きました。

東北学院は5対3で愛工大名電に勝ち、甲子園初出場で初勝利を挙げました。

愛工大名電は、8回にキャプテンの田村俊介投手の大会第4号となるソロホームランで2点差にまで追い上げましたが、及びませんでした。


「全力で投げてくれた。守備は集中してよく守ってくれた」


勝った東北学院の渡辺徹監督は「伊東投手は飛ばしすぎと思うぐらい立ち上がりから全力で投げてくれた。守備は地方大会でエラーが多く不安があったが、集中してよく守ってくれたと思う」と選手たちをたたえました。

愛工大名電の好投手、田村俊介投手と寺嶋大希投手から合わせて5点を奪ったことについては、「2本のタイムリーヒットを打った山田選手をはじめ、選手たちが大振りをせずにコンパクトに振り抜いていた。プロ野球からも注目されている2人を想定していた練習がいい方向に出たと思う」と振り返っていました。


「打ち勝つ野球を貫きたい」


先制のタイムリーツーベースを含む4打点と活躍した山田将生選手は、「自分たちの流れを作るためにも先制点を取ることができてよかった」と話していました。

11日の試合については、「接戦は想定していた。その中でも焦ることなく、自分たちの野球を貫くことができた」と振り返り次の試合に向けては「打ち勝つ野球を貫きたい」と話していました。


「攻撃に焦りが出てしまった」


終盤に追い上げを見せるも、3対5で敗れた愛工大名電高校の倉野光生監督は「序盤を最少失点で切り抜けて中盤以降に点を取っていく野球をしたかったが、その序盤に3点取られて攻撃に焦りが出てしまった」と試合を振り返りました。

また、3回に先発の田村俊介投手から2人目の寺嶋大希投手に交代させたことについて触れ、「田村が制球を乱していて、球の勢いもなく、打ち取りながら守りのリズムを作ることができなかった状況だったので、調子のいい寺嶋を早めに投入した。それでも相手がしぶとく打ってきて、さすがの攻撃力だと思った」と相手の攻撃をたたえていました。


「悔しいが、この経験は次のステージでも生かされると思う」


敗れた愛工大名電高校の先発で3回途中2失点だった田村俊介投手は「立ち上がりから持ってる力を出して、攻撃に流れを呼び込もうと思っていたが、甲子園という球場の圧がすごくて制球が崩れてしまい、思うようなピッチングができなかった」と悔しさをにじませていました。

一方、8回に2点差に迫るソロホームランを打ったことについては「自分から少しでも攻撃面で流れが来るようにと思って打席に立った。悔しい思いだが、この経験は次のステージでも生かされると思う」と話していました。


「リラックスして投げることができた」


勝った東北学院のエースで完投した伊東大夢投手は「初回は少し雰囲気にのまれて力むことが多かったですが、周りの選手が声をかけて盛り上げてくれて、リラックスして投げることができました」と振り返っていました。

また、8回に愛工大名電高校のキャプテン、田村俊介投手にホームランを打たれ、2点差まで追い上げられたことについては、「いいバッターなので、いつか長打を打たれるだろうと覚悟していました。初球を打たれたのでその後は初球を丁寧に投げようと攻め方を工夫することができました」と話していました。



甲子園初勝利に貢献したエースの伊東大夢投手。

活躍の裏にはフォームの改善がありました。

伊東投手は、宮城大会で6試合に投げて、与えた四死球はわずか3とコントロールがさえました。

しかし、去年秋までは、コントロールに苦しむ場面が多かったといいます。

その課題を克服しようと、ことしの春からピッチャーの育成に定評がある八戸学院大の正村公弘監督の指導を受けました。

正村監督は、秋田の金足農業を夏の甲子園準優勝に導き日本ハムに入団した吉田輝星投手など多くのプロ野球選手を育ててきました。

コントロールに悩んでいた伊東投手が正村監督からアドバイスされたのは、投球動作の中で右腕を後ろに引く「テイクバック」を小さくすることでした。

このフォームに変えたことで、よりシンプルに投げられ、コントロールが安定するようになったということです。

11日の試合でもデッドボールこそ2つ与えましたが、フォアボールは一つも与えず、「まとまった投球ができた」と満足そうに振り返りました。

さらにフォームに変えたことでもう一つ利点が生まれました。

テイクバックが小さくなったことで腕の出どころが見えにくくなり、フォームを変える前と球速は変わらなくても相手のバッターを詰まらせることが多くなったのです。

伊東投手の速球は140キロ前後と剛速球というほどの速さではありませんが、11日の対戦相手の愛工大名電高校のバッターを速球で詰まらせたり空振りをとったりする場面が多く見られました。

センバツ大会で優勝経験もある、愛工大名電の倉野光生監督も「映像を見て、スピードはそれほどでもないと思っていたが、ストレートに振り負けていた」と話していました。

春夏通じて初めての甲子園で初勝利をあげた東北学院。

頼もしく成長したエースがチームを引っ張ります。


関連キーワード

関連トピックス

最新トピックス