ニュースその他のスポーツ

オリンピック ホッケー女子 日本は4連敗で予選リーグ敗退

2021-07-29 午後 11:15

  

東京オリンピック、ホッケー女子の日本は予選リーグの第4戦でアルゼンチンに1対2で敗れました。日本は4連敗で、予選リーグ・グループBの5位以下が確定し、予選リーグ敗退となりました。


ホッケー女子は、12チームが6チームずつ2つのグループに分かれて予選リーグが行われ、それぞれのグループの上位4チームが準々決勝に進みます。

ここまでグループBで3連敗中の日本は第4戦で、アルゼンチンと対戦しました。

予選リーグ突破には、この試合で勝つしかない日本は第1クオーターにペナルティーコーナーからアルゼンチンに先制点を奪われましたが、第2クオーターに森花音選手がゴール前のこぼれ球を押し込み、1対1で前半を終えました。

しかし、第3クオーターの終了間際に守備の隙をつかれてアルゼンチンに勝ち越され、その後は相手の固い守備を崩せず、1対2で敗れました。

日本は4連敗で1試合を残して予選リーグ・グループBの5位以下が確定し、予選リーグ敗退となりました。


キャプテンの真野由佳梨「最終戦は勝ちきりたい」


キャプテンの真野由佳梨選手は「きょうは勝って喜ぶ姿を応援してくれる人に見せたかったので悔しい。ただ、最後の1秒まであきらめずプレーできたことは自信を持って言えるので最終戦は勝ちきりたい」と話していました。


森花音「勝ちきれずすごく悔しい 気持ち切り替える」


一時、同点となるゴールを決めた森花音選手は「ゴールに対する執着心が持ち味なので決め切れてよかった。いいゲームはできているが勝ちきれないのはすごく悔しい。テレビなどで応援してくれている人にかっこいい姿を見てもらえるよう気持ちを切り替えて最終戦は勝ちたい」と話していました。


関連キーワード

関連トピックス

最新トピックス